kasunabe2010年2月2日(火)
日本テレビ
THE 料理王

芸能人がオリジナルメニューを競った「THE料理王」。準決勝の鍋料理というテーマに、杉本彩さんは田舎で(京都)冬になると毎日のように出ていたという“粕汁”を使ったレシピを紹介してくれました。


具材はごぼう・にんじん・大根と根菜たっぷり、“酒粕”はお肌や消化にもいいそうですから、さすが杉本彩さん体の中からキレイになりそう! 


ほぼ、包丁を使わずに作れるとっても簡単なお鍋です。 〆(しめ)は、焼きおにぎりに粕汁をかけて美味しかったです★★★豆板醤のピリ辛お鍋【情熱の粕鍋】のレシピは続きに書きました
 ↓  ↓


machanabe2010年2月2日(火)
日本テレビ
THE 料理王

オリジナルメニューを競う「THE料理王」。準決勝では、“鍋料理”ということで、まちゃまちゃさんが作ったお鍋は、気軽な食材で野菜をたっぷり食べられるので私も作ってみました。


「下仁田ねぎ」を香ばしく焼くところが、審査員からも高評価のお鍋です。私は普通の長ネギを使いましたが、「焼く」ところがポイント!美味しかったです。〆(しめ)の豆乳ラーメンもまちゃまちゃさん特製のラー油、パンチがあり食べ応えがあります!


【まちゃさん家の鍋&特製ラー油】のレシピ・作り方は、続きに書きました
 ↓  ↓


hakusainabe2009年12月22日(火)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

「予約の取れない超一流店のご主人がこっそり教えるおうちで簡単!絶品鍋」ということで、日本料理の名店「分とく山」の野崎洋光総料理長が、特別な材料を使わずに、うま味たっぷりの鍋レシピを教えてくれました。ポイントは、白菜をメイン具材としていただくのでなく、スープにするという驚きのレシピです\(◎o◎)/ 


はじめに言いますが、『失敗してます!!!』
白菜の外側(緑の濃い)部分を使い過ぎて、怪しい色のお鍋に仕上がってしまいました(>_<) 味は思いのほか良かったので、ご参考までに作り方はあげておきます。
 ↓ ↓ ↓
【鶏肉と白菜のうまみたっぷり鍋】レシピ

<材料>  4人前

(ダシ)
白菜…6枚
だし昆布…10cm
塩・うすくち醤油…1Lに対し各小さじ1

鶏もも肉…600g
シイタケ…4枚
長ねぎ…2本
木綿豆腐…1丁
生わかめ…100g

水溶き片栗粉…適量
黒コショウ…適量

(〆しめ)
中華麺…2玉
薄口しょうゆ、豆板醤、ゴマ油…お好みで


<作り方>
●鶏もも肉は、ひと口大に切る。長ネギは斜め切り、木綿豆腐、生わかめを食べやすい大きさに切る

*ダシ汁を作る*hakusainabe1
1.白菜は細く切った後、鍋に入れ、ひたひたの水とだし昆布を入れ、1、2分ほど煮て火を通す。

2.1の白菜をザルにあけ、白菜と煮汁に分けておく。煮汁はボウルに入れておく

hakusainabe23.2の白菜をフードプロセッサーにかけて、途中、2の煮汁を少し加えながら、細かくピューレ状にする。
※白菜は、ペーストにすることで、味が濃縮する

4.2の煮汁のボウルに、3のピューレ状になった白菜を加え合わせて、スープのベースにする

5.4のスープを土鍋に移し、1Lに対し、塩・うすくち醤油各小さじ1を入れて味を整える(お吸い物程度の濃さ)

6.鶏肉とシイタケは、表面が白くなる程度、熱湯の中に具材を軽くぐらせ、すぐに冷水にとり霜降りをする
(シイタケも周りの菌を落とすそうです)
※霜降りすることで、余計な油や表面の酸化部分を落とすことができるhakusainabe3

7.まずは5の土鍋に、鶏肉だけを入れて、ようやく火が通ったぐらいの状態で水溶き片栗粉でとろみをつけて、黒コショウをかけて食べる
※鶏肉にようやく火が通ったぐらいの状態で食べると、鶏肉に甘みが感じられる

8.次に豆腐や野菜を入れて楽しむのが野崎流。


この鍋には「ワカメ」がとてもよくあう。極上のスープをたっぷり吸って、絶品な鍋に!というレシピの最後、〆(しめ)にオススメなのは
 ↓ ↓ ↓
【〆(シメ)野崎流〜絶品ラーメン】作り方hakusainabe4

1.中華麺をたっぷりの湯で、茹でておきしっかり湯切りしておく

2.土鍋のスープに薄口しょうゆ、豆板醤、ゴマ油をお好みで加えて、味を調整する

3.沸いたところで、1の中華麺を入れてあたたまったら完成!


くれぐれも、『失敗してます』 こんな怪しげな“緑色”のお鍋では、ありません。白菜の中側を使って、もっとキレイで美味しいレシピです!


13potaufeu2009年12月22日(火)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

「予約の取れない超一流店のご主人がこっそり教えるおうちで簡単!絶品鍋」ということで、ミシュランガイド・フランス4年連続!星を獲得のシェフ・松嶋啓介さんが、13種類もの具材(鶏肉&12種類の野菜)たっぷりのあったか「ポトフ」を作って紹介してくれました。


【贅沢野菜のポトフ鍋】レシピ

<材料>  2〜3人前

鶏モモ肉…250g(ひと口サイズ)
ニンニク…1カケ(皮つきのままつぶす)
タマネギ…1/2個(くし切り)13potaufeu1

里芋…2個(丸ごと、または2等分くらい)
ジャガイモ…2個(2〜4等分くらい)
ニンジン…1/2個(乱切り)
品川蕪…1本(乱切り)←不使用
カブ…1個(4〜6等分くらい)
セロリ…1本(4〜5cmほどの短冊切り)
エリンギ…1本(長さ1/2、タテに4等分くらい)
エノキ…1/2株(石づき除く)
シメジ…1/4パック(石づき除き、小房に分けて)
キャベツ…1/4個(ざく切り)
カリフラワー…1/3株(小房に分けて)

塩…ひとつまみ
カブの葉…適量(あれば)


<作り方>

1.鍋に湯を沸かし、鶏肉、ニンニク、タマネギを入れる
※タマネギは、ゆっくり火が入ることで甘みが出るので先に入れる

2.火が通りにくいものから皮をむき、切って鍋に入れるだけ。
里芋、じゃがいも、ニンジンなどの根菜。

カブやセロリなど繊維の多い野菜、塩(ひとつまみ)を入れて20〜25分ほど煮る
※野菜を煮る時、塩を入れることで野菜のうまみを引き出してくれる

3.エリンギ、シメジなどのキノコ類、キャベツなど火の通りやすいもの、そして歯ごたえを残したいカリフラワー(カブの葉)等を最後に入れ、ふたをして、およそ2分で完成!
お好みで、塩・黒コショウをかけてどうぞ


特別なダシは一切わず、塩だけ。野菜からじっくり染み出たうまみで、極上の贅沢なスープ!〆(しめ)には、雑炊がおすすめということでしたが、スープを全部飲み干してしまいました〜


適当な浅い鍋がなく、土鍋で作りました。ジャガイモやカブ、松嶋シェフがおすすめのサトイモは、ホクホクと!鶏肉は、ほろほろっと、とってもやわらかく美味しく出来ました!


neginabe2009年12月2日(水)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

日本最大のお料理サイト、クックパッドに投稿された鍋レシピの中から、アクセス数・検索数などを総合し最も人気のあった鍋レシピを紹介していました。番外編ですが、フードコーディネーター・マロンちゃんが、給料日前などのお助けレシピとしておすすめ紹介した【お助けネギ鍋】も作ってみました。


【鶏だんごが美味しい ちゃんこ鍋】⇒ レシピはこちらです
【とまと鍋】最後の〆(しめ)も楽しい⇒ レシピはこちらです
【だしまで飲み干す さっぱり!塩鍋】⇒ レシピはこちらです

【お助けネギ鍋】suzu-renさんのレシピ

<材料>  4人分

(鶏だんごのタネ)
鶏ひき肉…300g
タマネギ…1/2個
生姜…2かけ
鶏の軟骨…80g
ウズラの卵…2個
塩・コショウ…適量
片栗粉…大2

ネギ…4本

(スープ)
水…5カップ
鶏がらスープの素…大2
生姜…1かけ
塩・コショウ・鷹の爪…適量

<作り方>

1.鶏だんごのタネの材料(鶏ひき肉・タマネギ・生姜・鶏の軟骨・ウズラの卵・塩・コショウ・片栗粉) をFPに入れて細かく混ぜ合わせておく
※鶏だんごに軟骨を使っていて、食感がコリッとして美味しい!

2.ネギはひたすら斜め薄切りに。

3.鍋にスープの水・鶏がらスープの素・生姜・塩・コショウ・鷹の爪を入れて沸かしましょう。

4.沸いたら1のタネを丸めながら入れます。

5.肉団子が浮いてきたらネギを投入!蓋をしてネギがクタクタになったら出来上がりです。neginabe2
シンプルにポン酢で。お好みでラー油を入れて食べても美味しいです。


ネギと肉団子だけのシンプルなお鍋で、美味しいです!! 〆(しめ)には、うどんをいただきました(suzu-renさんおすすめ)
シイタケ・うずらの卵を加えて美味しかったです(⌒〜⌒)


sionabe2009年12月2日(水)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

日本最大のお料理サイト、クックパッドに投稿された鍋レシピの中から、アクセス数、検索数などを総合し最も人気のあった鍋レシピを紹介していました。おもいッきりDON!では、フードコーディネーター・マロンちゃんが、実際作って紹介してくれました。


〜大人気料理サイト発!この冬流行の鍋ベスト1〜
【だしまで飲み干す さっぱり!塩鍋】ぶるーぽぴーさんのレシピ

<材料>  4人分

鶏もも肉…2枚
白菜…1/4〜1/2個
大根・ニンジン…各5cm
水菜…2株
エノキ・シイタケ…各1株
ネギ…1本
コンニャク…1丁
豆腐…1/2丁

焼きそば用蒸し麺…3玉

(スープ)
水…8カップ
だし昆布…10cm(2cm幅に切る)
酒…1/2カップ
カツオだしの素・コンソメ顆粒・チキンスープの素…各小1
塩…小4
コショウ…少々


<作り方>

1.鶏肉の脂身と皮の1/2を除く。野菜を食べやすく切る。 豆腐は6等分する。 きのこも切っておく。

2.板こんにゃくを食べやすく切り,ゆでてあく抜きする。

3.鍋に水・だし昆布・酒・カツオだしの素・コンソメ顆粒・チキンスープの素・塩・コショウを入れ溶かす。
※複数のあわせワザで、味を複雑にするのが素晴らしい!

4.鍋を火にかけ,大根と人参を入れその上に1の鶏肉以外を並べ,ふたをして沸かす。

5.沸き始めたら,鶏肉も入れる。 水菜などの緑の物は後からの方が○

6.鶏肉に火が通ったらOK! 胡椒をふって出来上がり。

7.最後のシメ。ラーメンは【焼きそば麺】を入れて下さい。
※焼きそばの蒸し麺を使っているのがおもしろい!麺が溶けずにスープも濁らず◎sionabe1


ということで、“塩ラーメン” で最後の〆(しめ)を楽しみました。麺は軽く湯がいてから鍋へ入れてます。ダシを飲み過ぎてしまって、なんとか「ひとり用土鍋」で作りました〜


●おもいッきりDON!同日放送
【鶏だんごが美味しい ちゃんこ鍋】⇒ レシピはこちらです
最後の〆(しめ)も楽しい【とまと鍋】⇒ レシピはこちらです


hakusaisoup2009年12月1日(土)
日テレ

キューピー3分クッキング

石原 洋子先生

大きな肉だんごと白菜を土鍋で煮込んで食卓へ〜コロンと丸い肉団子が、土鍋から顔を出して、気持ちも“ほっこり”と温まるようなひと品です。スープごと一緒にいただいて、体の芯から温まりました★★★


【白菜と肉だんごのスープ煮】レシピ

<材料>  4人分

(肉だんご)
豚ひき肉…300g
卵…1個
酒…大さじ2
おろししょうが…小さじ1
長ねぎのみじん切り…1本分
片栗粉…大さじ3
塩…小さじ2/3
こしょう…少々
水…大さじ2

白菜…1/4株(500g)
春雨…50g
 
(スープ)
水…4カップ
酒…大さじ3
しょうゆ…大さじ1
オイスターソース…大さじ2
砂糖…小さじ1
塩…小さじ2/3
こしょう…少々

●油


<作り方>

1.白菜は洗ってざく切りにする。春雨は熱湯につけてもどし、食べやすい長さに切る。

2.ボウルに肉だんごの材料を入れて手でよく練り混ぜ、4等分して卵形にまとめる。hakusaisoup2
※肉だんごは山高に形作る
 
3.中華鍋に油(大さじ2)を熱し、2の肉だんごを入れて、強めの中火で表面にこんがりと焼き色をつけて取り出す(中は生でよい)。
※丸くなるように少しずつ返しながら(平たくならないように)焼きつけます。

4.3の中華鍋で白菜をしんなりするまで炒め、取り出して土鍋に移す。hakusaisoup3

5.スープの材料、水、酒、しょうゆ、オイスターソース、砂糖、塩、こしょうを加え、白菜の上に3の肉だんごを戻し入れのせる。土鍋にフタをして火にかけ、煮立ったら弱めの中火で10〜15分煮込む。
※肉だんごや白菜からうま味や甘みが引き出されるので、水を加えて煮ます(スープの素は使わない)

6.5に春雨を加え、さらに5分ほど煮て味をなじませて完成!


食べ応えがあっておかずになるスープでした。「春雨」が切れてて、急きょ「葛きり」を使いましたが、うま味を吸って役目を果たしてくれましたぁ!


moyasitan22009年11月30日(月)
NHKきょうの料理プラス

講師:堀江 ひろ子

ピリ辛の肉そぼろと豆乳のコクやモヤシの食感で、節約&スピード料理とは思えない本格派の鍋です。


【もやしタンタン(鍋)】レシピ  
 
<材料> 2〜3人分

(つくりやすい分量)
もやし…1袋(200g)
木綿豆腐…1丁
えのきだけ…1袋
にら…1ワ
にんにく…1かけ

顆粒チキンスープの素(中国風)…小さじ2
ごま油…大さじ1/2
豆板醤(トーバンジャン)…小さじ1+1/2
豚ひき肉…100g
オイスターソース…大さじ1
すりごま(白)…大さじ3〜4
水…カップ1/2

調製豆乳…カップ1
ラーユ…適宜
 

<作り方>
 
1.もやしはサッと洗い、水けを切る。豆腐は一口大に切る。えのきだけは根元を切り落として長さを半分に切り分け、下のほうは、ほぐす。にらは3cm長さ、にんにくはみじん切りにする。moyasitan

2.土鍋に、えのきだけの下のほうを敷き、上に豆腐をのせる。周りに、にらとえのきだけの上のほうを入れ、スープの素をふりかけ、もやしを中央にのせる
(シャキッとさせたいもやしは最後にのせる)

3.フライパンにごま油と豆板醤、にんにくを入れて炒め、香りが出たらひき肉、オイスターソースを加えてさらに炒め、すりごまを加え、水を注いで煮立てる。
※水を注いで、肉のうまみを汁に溶け出させる

4. 2の鍋に3を汁ごと注ぎ、豆乳を加えふたをして火にかける。煮立ったら取り分け、好みでラーユをかけて食べる。 
※水ではなく、豆乳を加えるとコクが出ておいしい


簡単でヘルシーでコクがある、とっても嬉しい鍋レシピです★★★しめには、インスタントラーメンなんか合いそうでした(⌒〜⌒) ぜひ、水でなく「豆乳」で作りたいひと品です!






ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud