愛のスパルタ料理塾

広告
レシピ ミヤネ屋2013年12月18日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋
愛のスパルタ料理塾
 〜鶏肉〜

先週のミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーには、「おいしい鶏肉料理を作りたい!」という奥さまからのリクエストが。


お馴染み林先生が、鶏手羽を煮た【鶏と卵のしょう油煮】と、クリスマスにピッタリ!【グリルチキン】の作り方を紹介していました。


実際に作ってみました!!

放送後、すぐに【鶏と卵のしょう油煮】を作りました。(レシピ&感想はこちらです
なので今夜は、【グリルチキン】の方を作ってみました。
「骨付き鶏モモ肉」を使ったレシピで、クリスマスにピッタリなんです!


失敗!やらかしました\(◎o◎)/!

「仕上げのカレーオイルをかけ忘れましたっ(*_*)」

食べてて、なんか味が物足りないなぁ・・・と思ったんですよねぇ(^_^;)


漬け置きのおかげで、ジューシーには仕上がりました。
それだけに、ちょっと残念でしたぁぁぁ(T_T)



レシピ ミヤネ屋2013年12月18日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋
愛のスパルタ料理塾
 〜鶏肉〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、「おいしい鶏肉料理を作りたい!」という奥さまからのリクエストでした。


お馴染み林先生が、鶏手羽を煮た【鶏と卵のしょう油煮】と、【グリルチキン】の作り方を紹介していました。


実際に作ってみました!!

【鶏と卵のしょう油煮】の方を作ってみました。
今回は、手羽先と手羽元を使うレシピです。

両方、骨付き!! 

骨付きはトコトン愛されたり、嫌われたり...好みが分かれますよね(^_^;) 。


今回中間をとって、手羽先(骨付き)を、骨のない鶏もも肉に代えて作ってみました。
これで、骨付きの苦手な主人も満足!
骨付きの、「肉がはずれにくく食べにくい」、「手が汚れる...」といったところが、敬遠の理由のようです。


食べたら、骨付き手羽元もほろほろと肉がはずれます!
とってもやわらかくて、食べやすい(*^。^*)!! 
これなら、骨付きの手羽先でも、苦手感がなくなるかもしれません!(^^)!


今回、合わせて紹介された、【グリルチキン】の方は、材料が手に入らず作れませんでした。
でも、クリスマスっぽくて興味が湧くんですよねぇ(^_-)-☆
骨付き鶏モモ肉を使うレシピでしたが、これも、そろそろスーパーで売り出されてくる頃。
今度、ぜひ挑戦してみたいと思います♪



レシピ 水餃子2013年11月20日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋
愛のスパルタ料理塾
 〜水餃子〜


今日のミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、「近い将来に備え、男性の胃袋をつかめる女性になりたい!」というドラマ『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』に出演中の女優・山田真歩さんからのリクエスト。


お馴染み林先生が、山田真歩さんからのリクエスである【水餃子(ギョーザ)】の作り方を紹介していました。


共演者の優香さんや三浦貴大さん達にも大好評の【水餃子(ギョーザ)】は、スープたっぷりで、土鍋ごと卓上へ...食卓も体も温まるような仕上がりで、とっても魅力的でした(^O^)/


実際に作ってみました!!

市販の餃子の皮を2枚重ねします。これが、モチモチとして美味しいです(*^。^*) 閉じるのにやや手間取りましたが、この食感なら納得かな。でも、今度はもち粉入りの皮1枚で、簡単に包みたいかなぁ(゚∀゚)アヒャヒャ


キャベツを加えた肉だねが、丁度いい柔らかさ!ひき肉だけではないエビの風味や食感も感じられて、肉だねもいいです(^O^)/


そして、たっぷりのスープはインスタントですが、青ネギやショウガの皮を加えるひと手間で、ワンランクアップものです。あっさりとして飽きない味わい!鍋の底まで全部飲み干すほど、最後まで大満足の水餃子でした\(^o^)/





2013年1月23日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜鍋料理〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、「同じ味で飽きるため、先生直伝のおいしい鍋を教えてほしい」という希望から、お馴染み林先生が鶏団子がやわらかくて美味しい鍋レシピを紹介していました。


林先生は、かたく味の染みていない白菜が、個人的に苦手(>_<)ということで、野菜をとにかく「みじん切り」にします!その名も【こっぱみじん鍋】!!! 


ん??よく考えたら、すごいネーミング(*_*) 受験生のいるご家庭では、避けたい鍋・・・ですよねぇ(^_^;)  我が家では、これ以上、「みじん」になるものもない?! ので、作ってみました(笑)。


しょう油ベースの味付けです。野菜が細かいことで、よく味が染みて美味しいです♪ 林先生ご愛用のフードプロセッサー、 『スピンフードチョッパー』 は、具材をあっという間にみじん切りに出来ます。とおすすめしていました。
 

ちなみに、鍋後は「雑炊」で、しめました。具材が多少残ってますが、細かいのでご飯と一緒に、サラサラッと流し込めて、完食〜\(^o^)/


【こっぱみじん鍋】レシピ


<材料> 4人分

鶏ミンチ(むね・もも)...各100g 
白菜...300g 
シイタケ...4枚 
エノキ...1/2束
白ネギ...1/2本 
春雨...50g 
絹ごし豆腐...1丁

(鶏団子の下味)
塩...小さじ1/4 
酒...大さじ1/2 
卵...1/2個
ショウガ絞り汁...15g分 
ネギショウガ水...大さじ2 
片栗粉...大さじ1

(煮汁)
和風だし...700cc 
中華だし...700cc
みりん...100cc 
酒...30cc 
淡口しょう油...10cc

(トッピング)
青ネギ...3本分 
黒七味...適量 
レモン...1/2個


【こっぱみじん鍋】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年11月21日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜牛肉のしぐれ煮〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、 「家族全員が大好きな牛肉を使った絶品料理を教えてほしい!」 という希望から、お馴染み林先生が 『牛肉のしぐれ煮』 の作り方を紹介してくれました。


食欲の秋にぴったりなカッツリ飯!ご主人さまも 「今までの牛肉料理で、一番おいしい♪」 とコメントしていました。 良かったですよねぇ)^o^(


放送ではお重に詰めて、お店のようでした。 ん〜いいですねぇ、とっても美味しそうでした(*^。^*) 我が家では、丼ぶりに盛って、 出し巻き玉子、切り干し大根と合わせて定食風にしてみました。


味がしっかりしてます!実は、「キャベツを盛る必要がないのでは・・・」 と食べるまでは思ってましたが、ご飯との間のキャベツは、あってちょうどよかったです。


ちなみに牛肉は、分量通りでは、わりと少なめです。多めに作って、作り置きしても 『牛肉のしぐれ煮』 重宝しそうですね〜♪♪♪ 


【牛肉のしぐれ重】レシピ


<材料> 4人分

牛肩薄切り肉...180g   (私は、肩切り落とし肉)
牛脂...1個 
ショウガ...20g
キヌサヤ...4〜8枚 
サラダ油...適量 
キャベツ(千切り)...適量
ごはん...適量

(煮汁)
酒...大さじ3 
みりん...大さじ2 
砂糖...大さじ3
濃口しょう油...大さじ2


【牛肉のしぐれ重】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年10月31日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜3種のパスタ〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーで、「ご主人が、心からおいしい!と言ってくれるクリームパスタを作りたい」という希望で、お馴染み林先生がクリームパスタを3種も紹介してくれました。


その中から、お馴染み人気の【明太子パスタ】を私も作ってみました。明太子ソースと和えるだけ!


同日紹介の【カルボナーラ】も作りましたが、より簡単でした!パパッと牛乳で作れて、これはありがたいレシピ♪♪♪ 


ちなみに、私はシャバシャバでゆるいと思って、少しとろみが出るくらいまで煮詰めました。ところが、パルメザンを加えたら、ドロッとソースがかたまり焦りました(@_@;)


明太子ソースは、ゆるめでもOK! 最後にパルメザンチーズを加えるので、大丈夫のようです。


【明太子パスタ】レシピ


<材料> 2人分

スパゲッティ...160g
岩塩(または塩)...適量
明太子...80g
バター...大さじ2
塩...少々
パルメザンチーズ...大さじ2
牛乳...50〜75cc
コショウ...少々
青ネギ...適量

(トッピング)
刻み海苔...適量


【明太子パスタ】の作り方は、続きに書きました。 
 ↓   ↓




2012年10月31日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜3種のパスタ〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーで、「ご主人が、心からおいしい!と言ってくれるクリームパスタを作りたい」という希望で、お馴染み林先生がクリームパスタを3種も紹介してくれました。


その中から、まずは簡単でクリームパスタの代表格の【カルボナーラ】を私も作ってみました。


ボウルの中で卵液を作って、絡める作り方です。たしかに触れ込み通り3分で作れるかも(パスタの茹で時間を除き)。


ちなみに、パルメザンチーズ大さじ6は、結構な量です!! 途中で躊躇、半量の大さじ3で作りました。そして、大さじ1くらいをトッピングしました。それでも、濃厚なカルボナーラでした。


美味しかったですが、フライパンで牛乳と合わせる必要があったのかなぁ? 生クリームを温めるための工程なのかなぁ・・・。ボウルで絡めてそのままお皿へ。次回は、その作り方でより簡単、楽して作ろうかなぁ♪ と思います。


【カルボナーラ】レシピ


<材料> 2人分

スパゲッティ...160g
岩塩(または塩)...適量
ベーコン(放送:厚切り)...80g(私は薄切り)
卵黄...2個分
生クリーム...100cc
牛乳...50cc
パルメザンチーズ...大さじ6
塩・コショウ...各適量

(トッピング)
粗びき黒コショウ...少々
パルメザンチーズ...少々
オリーブ油...適量


【カルボナーラ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年10月3日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜揚げだし豆腐〜

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーで、おかずにもお酒のあてにもなる、【揚げだし豆腐】をアサリであっさり!ひと工夫ありの作り方を紹介していました。


「味が薄かったり、衣が想像と違ったり、点数なら50点」とコメントしていたご主人さまも、今回は、「やわらかい!想像を上回って、おいしい♪」と大満足のご様子で、美味しそうでした。


すっかり秋の気配が強まってきて、揚げ物を作ることにも抵抗がなくなってきましたからねぇ〜。ダシはかつお節だけ、付け合わせのシシトウは省略。と少し手抜きをしましたが、私も作ってみました。


我が家では、「おいしい」の言葉より先に、 「アサリ?どこ?」 とツッコミが入りましたが(;一_一)、何年ぶりかの手作り【揚げだし豆腐】は、絹ごし豆腐がやわらかく仕上がって、まぁまぁ美味しかったです。


小さなアサリで、味にもそれほどダシが出てませんでしたが(^_^;)、やさしい味で、よかったです!簡単にアサリの代わりになめこやアサリ抜きで、これからはウチでも【揚げだし豆腐】をたまに作ろうかなぁ〜と思いました♪


【揚げだし豆腐】レシピ


<材料> 4人分

絹ごし豆腐...1丁 
シシトウ...4本(私は、省略) 
小麦粉...適量 
揚げ油...適量

(トッピング)
大根...適量 
青ネギ...1本
刻み海苔...少々 

(あん)
アサリ...250g 
水...200cc 
昆布...2g
ダシ汁...150cc 
みりん...大さじ1 
淡口しょう油...大さじ1(私は、濃口しょう油で)
水溶き片栗粉...大さじ1 
ショウガ汁...5g


【揚げだし豆腐】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年7月25日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜海老マヨネーズ〜

「以前のえびマヨは、水っぽかった」とコメントしていたご主人さまも、大満足!ミヤネヤお馴染み林先生の丁寧な作り方で、【えびマヨ】を上手に作って、美味しそうでした〜。


材料もウチあったので、我が家でも早速、【海老マヨネーズ】を作ってみました。 っが!!! 肝心のマヨネーズが、残り少なかったぁ(+_+) 上写真を見ても、ちょっとマヨソースが不足な感じに(^_^;)


でも、衣をしっかりつける作り方なので、ソースが少ないながらも、なんとか大丈夫でした。我が家の主人からも 『うまい!』 の声がでて、よかった!!! 揚げてる時間が短いですが、今日も暑い中、作った甲斐がありましたぁ(汗)


【海老マヨネーズ】レシピ


<材料> 4人分

エビ...大12尾
アスパラガス...3本
サラダ油...適量

(エビの下ごしらえ用)
塩...適量
片栗粉...適量

(エビの下味)
塩・コショウ...各少々 
酒...大さじ1

(衣)
薄力粉...50g
片栗粉...15g
ベーキングパウダー...小さじ1/2
サラダ油...大さじ1と1/2
水...大さじ3〜4

(ソース)
マヨネーズ...大さじ4 
練乳...大さじ2
塩...小さじ1/2
コショウ...少々
砂糖...大さじ1 
レモン汁...大さじ1〜2
焼酎(又はブランデーなど)...小さじ1〜2

(トッピング)
ピーナッツ...適量 (私は省略)


【海老マヨネーズ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年6月25日(月)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜ドライカレー〜

「カレー好きのご主人のために、おいしいドライカレーを作りたい」という奥様からのご相談に、ミヤネヤお馴染み林先生が、丁寧に作り方を紹介してました。


と言っても、放送を見逃してしまって、ミヤネヤのサイトのレシピを見ながら作ってみました。放送と違うかもしれませんが、こう暑くなってくると、カレーのような味付けが、食べたくなります!!


結構、野菜も入るので2人分には、少し多いくらい出来上がりました(*^^)v 牛肉に下味をしっかりつける作り方で、仕上げの段階で私はカレー粉を加えずに大丈夫でした。


味のしっかりとした【ドライカレー】に仕上がって、美味しかったです(^O^)/ 我が家好みに、少しウスターソースを加えましたがね(^_^;) 個人的には、ナスをもう少し大きく、存在感のあるように切ってもよかったかな、と思いました。


【ドライカレー】レシピ


<材料> 4人分

牛ミンチ...200g 
玉ネギ...1/2個 
ニンジン...1/4本
セロリ...1/5本 
ピーマン...1個 
ナス...小1個
ニンニク...小1片 
ショウガ...1片
サラダ油...適量

(牛肉の下味)
塩・コショウ(白)...各少々 
砂糖...少々
カレー粉...大さじ2弱 
ケチャップ...大さじ2 
白ワイン...50cc

(味付け)
ブイヨン...約100cc 
塩・コショウ(白)...各少々 
ガラムマサラ・カレー粉...各少々 


【ドライカレー】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月21日(火)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 〜メンチカツ〜

「ソースなしで食べられる、味がしっかりついたメンチカツを作りたい」という奥様からのご相談に、ミヤネヤお馴染み林先生が、丁寧に作り方を紹介してました。


下味にケチャップとカレー粉を加えるところがポイント!なんですが、私は少しカレー粉が足りなかったようです。ソースを少しかけて食べましたぁ(^_^;)


肉が少なくても大丈夫!タマネギとキャベツも入った【メンチカツ】で、揚げ物でも少しヘルシーな感じがしました。気持ち的なもんでしょうが(^^ゞ


愛のスパルタ料理塾の林先生のレシピ本
『林裕人のごちそう弁当塾』


【メンチカツ】レシピ


<材料> 4人分(8個)

(生地)
牛ミンチ...120g 
豚ミンチ...60g 
玉ネギ...1個
キャベツ...150g
 塩...適量

塩...小さじ1/4 
黒コショウ...少々 
ナツメグ...少々
カレー粉...小さじ1/2 
ケチャップ...小さじ1/2
卵...1/2個 
氷水...25〜30cc

(衣)
小麦粉(強力粉)...適量 (薄力粉でも可。かと思います)
溶き卵...1個
パン粉(ドライ・細め)...適量

サラダ油...小さじ1 


【メンチカツ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


広告



広告
ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud