小松菜

gyunikukomatuna2009年12月10日(木)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子 先生

青菜をたっぷり食べて風邪予防しましょう!ということで、たっぷりの小松菜を牛肉と炒めたレシピです。しょう油を使わない味付けですが、ご飯がすすむひと品です。簡単であっという間に出来上がるので、これはおすすめ★★★


【牛肉と小松菜の炒めもの】レシピ

<材料>  4人分

牛肉(切り落とし) …300g
 おろしにんにく…少々 
 酒…小さじ2 
 粗塩…小さじ1/2 
 片栗粉…大さじ1 
 油…小さじ2

小松菜…1わ(400g)
長ねぎ…1本
にんにく…1かけ

油…大さじ1・大さじ1
鶏ガラスープの素…小さじ1
湯…1/2カップ
酒…大さじ1
片栗粉…小さじ1(倍量の水で溶く)
粗塩、こしょう…各少々
ごま油…小さじ1


<作り方>

1.小松菜は3cm長さに切り、茎と葉にざっと分けておく。長ねぎは斜め薄切りにする。にんにくは叩きつぶす。

2.牛肉は大きいものは一口大に切り、おろしにんにく、酒、粗塩をもみ込んで下味をつけ、片栗粉をまぶし、油を加えてほぐす。

3.中華鍋に油(大さじ1)を熱し、2の牛肉を入れてほぐしながら強火で炒め、肉の色が変わったら油を残してとり出す。

4.中華鍋に油(大さじ1)を足し、長ねぎとにんにくを香りよく炒め、小松菜の茎を加えて炒め合わせ、さらに葉を加えてさっと炒める。鶏ガラスープの素、湯、酒を加え、ふたをして強火で小松菜がやわらかくなるまで蒸し煮にする。
※火加減はずっと強火、小松菜を蒸しながら炒めて火を通します(1分くらい)

5.4に牛肉を戻し、水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけ、粗塩、こしょうで味をととのえ、香りづけにごま油を加えて完成!
 

小松菜はアクが出ないので、調理が簡単で良いですよね!材料2品だけでメインのおかずになる嬉しいレシピでした(⌒〜⌒)

 


gyunikuankake2009年11月13日(金)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子先生

材料3つだけの(牛肉・小松菜・ねぎ)ささっと出来る丼ぶりレシピです。ごはんがすすむボリューム満点の中華丼でした。牛肉が“ちゅるん”として、のど越しよくやわらかく、切り落としの薄いお肉でも十分、美味しかったです(⌒〜⌒)


【牛肉と小松菜のあんかけごはん】
レシピ

<材料>  4人分

ごはん(温かいもの)…4杯分(600g)
牛肉(切り落とし)…200g
 (おろしにんにく1/2かけ分 しょうゆ、片栗粉各小さじ2)
しょうが…1かけ
長ねぎ…(大)1本
小松菜…1わ(400g)

(合わせ調味料)
オイスターソース…大さじ2+1/2
酒…大さじ2
鶏ガラスープの素…小さじ1
湯…2カップ
しょうゆ…大さじ1

片栗粉…大さじ1+1/2(倍量の水で溶く)
ごま油…小さじ1
●油

<作り方>

1.牛肉はおろしにんにく、しょうゆを加えて手でもみ込み、片栗粉をまぶす。

2.しょうがはみじん切りにし、長ねぎは斜め薄切りにする。小松菜は3cm長さに切って茎と葉に分けておく。

3.片栗粉を水で溶いておく。
 
4.中華鍋に油(大さじ1)を熱し、1の牛肉をほぐしながら炒め、色が変わったら油を残してとり出す。

5.4に油(大さじ1)を足し、しょうが、長ねぎを香りが立つまで炒め、小松菜を茎、葉の順に加えて手早く炒める。合わせ調味料を加えて2〜3分煮る
※小松菜は茎から炒め、葉先はさっと炒めるだけでOK

6.肉を戻し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油を加える。 器にごはんを盛り、5を等分にかけて完成!
※小松菜がクタっとするまで煮ると、ごはんのからみがよくなります。


 

 






ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud