丼ぶり

gyunikuankake2009年11月13日(金)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子先生

材料3つだけの(牛肉・小松菜・ねぎ)ささっと出来る丼ぶりレシピです。ごはんがすすむボリューム満点の中華丼でした。牛肉が“ちゅるん”として、のど越しよくやわらかく、切り落としの薄いお肉でも十分、美味しかったです(⌒〜⌒)


【牛肉と小松菜のあんかけごはん】
レシピ

<材料>  4人分

ごはん(温かいもの)…4杯分(600g)
牛肉(切り落とし)…200g
 (おろしにんにく1/2かけ分 しょうゆ、片栗粉各小さじ2)
しょうが…1かけ
長ねぎ…(大)1本
小松菜…1わ(400g)

(合わせ調味料)
オイスターソース…大さじ2+1/2
酒…大さじ2
鶏ガラスープの素…小さじ1
湯…2カップ
しょうゆ…大さじ1

片栗粉…大さじ1+1/2(倍量の水で溶く)
ごま油…小さじ1
●油

<作り方>

1.牛肉はおろしにんにく、しょうゆを加えて手でもみ込み、片栗粉をまぶす。

2.しょうがはみじん切りにし、長ねぎは斜め薄切りにする。小松菜は3cm長さに切って茎と葉に分けておく。

3.片栗粉を水で溶いておく。
 
4.中華鍋に油(大さじ1)を熱し、1の牛肉をほぐしながら炒め、色が変わったら油を残してとり出す。

5.4に油(大さじ1)を足し、しょうが、長ねぎを香りが立つまで炒め、小松菜を茎、葉の順に加えて手早く炒める。合わせ調味料を加えて2〜3分煮る
※小松菜は茎から炒め、葉先はさっと炒めるだけでOK

6.肉を戻し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油を加える。 器にごはんを盛り、5を等分にかけて完成!
※小松菜がクタっとするまで煮ると、ごはんのからみがよくなります。


 

 


cheesenabe2009年11月9日(月)
NHKきょうの料理

講師:枝元 なほみ

〜白菜〜

トマト鍋やカレー鍋などいろんなテイストが楽しめる「鍋」料理を今回、枝元なほみ先生は、豚肉のうまみがうつった白菜に、こってりチーズが絶妙にからむ、洋風の鍋レシピを紹介してくれました。


ぜひ、大きい土鍋でカマンベールチ−ズを1個丸ごと使って、とろーっととろけるチーズをからめながら食べるのがおすすめです★★★上写真:1.5〜2人分ですのでチーズは半量です


●5LDK〜恋めし〜眞鍋かをりさん&優木まおみさんの 【特製!!トマト鍋&はなまる・オムライス風リゾット】レシピこちらです


【白菜と豚肉のチーズ鍋】レシピ

<材料> 4〜5人分  

(つくりやすい分量)
白菜…約1/2コ(1〜1.2kg)
豚もも肉(薄切り)…200g
ベーコン…80g

【A】
スープ…カップ4
(湯カップ4に固形チキンスープの素(洋風)2コを溶かしたもの)
塩…小さじ2/3

カマンベールチーズ…1コ(100g)
(塩・こしょう・黒こしょう<粗びき>)
 

<作り方>
 
1.豚肉に塩・こしょう(各少々)をふり、下味をつけておく。白菜は根元に切り込みを入れてしんを取り、鍋の深さに合わせて3〜4等分の長さに切る。【A】は合わせておく。cheesenabe1

2.鍋の外側から内側に向かって、白菜を敷き詰めるように並べていく。白菜の間に豚肉とベーコンを切らずに、まんべんなく差しはさんでいく
※白菜は、少しずつずらしながら並べていくほうがくずれにくい

3.【A】を注いでふたをして、強火にかける。沸騰したら弱火にして、20分間くらい、白菜が柔らかくなるまで煮る。

4.カマンベールチーズを8等分に切って真ん中に入れ、チーズが温まったら黒こしょう(適量)をふり、鍋ごと食卓へ出す。  cheesenabe2


ちなみに、鍋の 『しめ』 には、『パスタ』 を紹介していたので食べてみました。あっさりした塩味にチーズのコクがとーっても美味しいスープパスタでした!!しょう油を加えてもチーズとの相性が良いのでおすすめだそうです★★★

hakusaidon←白菜を使った丼ぶりレシピ【中華風白菜丼】も同日、放送していたので作ってみました。

白菜・しめじ・豚肉の材料3つだけの簡単レシピです。続きをご覧ください
 ↓ ↓

 

 


applecaramel2009年11月10日(火)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

「旬の食材でパパッと美味しい!!簡単!早うまレシピ」を料理家・井澤由美子先生が再び、おもいッきりDON!で実演。もののわずか3分で丼ぶりや焼きりんごにカラメルソースがからんだ、とっても美味しいデザートまでも3分で作っちゃいました!


【たっぷりキノコのとろーり玉子丼】井澤由美子先生レシピ

<材料> 1人前

まいたけ…1/4パック(80g)  
しいたけ…1枚  
なめこ…1/2パック 
鶏ひき肉…50g
めんつゆ(2倍希釈用)…大さじ2
酒…大さじ2 
卵(Lサイズ)…1個   
ごはん…どんぶり一膳分(200g)
三つ葉、黒七味…適宜 (万能ねぎ代用)

●キノコは、シメジ、えのき、なんでも美味しく出来るので好きなキノコを入れて!

<作り方>

1.鍋(雪平鍋)を中火にかけ、鶏ひき肉、めんつゆ、酒を入れて混ぜる

2.舞茸は手で細かく裂き、椎茸は包丁で薄切りにし、なめこはぬめりを洗わずそのまま鍋に入れ煮る
※なめこのぬめりは洗わずに使うことで、より、とろとろ感が増す!

3.ひき肉に火が通ったら、煮汁を残して具材だけを器によそったご飯の上に乗せるnamekodon

4.残った煮汁に卵を割りほぐして入れ、10秒間。とろとろの状態で、3の上にかける
青みに三つ葉を添えて完成!お好みで黒七味をかけてどうぞ
※卵は10秒以上火にかけてはダメ。器に盛ったあと余熱で火が入り、食卓でちょうど良い状態で完成する


キノコと鶏ひき肉からでる旨みが美味しいダシになるので、ダシを使わなくて良い!という早ワザレシピでした。ひき肉の代わりに、ベーコン(みじん切り)、バターを少々加えて炒め、マッシュルームを入れると、ちょっと洋風味の丼ぶりレシピになるそうです★★★


家にある砂糖、バター、そしてリンゴ、バナナを使った【スイーツ】も、みかんやブドウなど季節の果物なんでも良いそうです。作り方は続きに書きました
 ↓  ↓


nikujagacoro2009年9月6日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ
男子ごはん

定番のおかず「コロッケ」を具材を大きく切ることで、食感を楽しむコロッケにしたい!ということで、いつもと違ったコロッケを作っていました。美味しそうなのでチャレンジ〜!


【肉じゃがコロッケ】レシピ

<材料> 4人分

牛肩ロース薄切り肉…120g
じゃがいも…3〜4個(約500g)
玉ねぎ…1/2個
サラダ油…大さじ1

 a しょうゆ・みりん…各小さじ2
   砂糖…大さじ1/2
 
 b 卵…1個
   薄力粉…大さじ4
   水…大さじ2〜3

揚げ油・薄力粉・パン粉…各適宜
千切りキャベツ…1/8個分
ソース(ウスターソースとケチャップを1:1の割合で混ぜたもの)…各適宜

<作り方>

1.牛肉は2cm幅に切る。じゃがいもは皮をむき4〜6等分に切る。玉ねぎは縦薄切りにする。

2.鍋にじゃがいもを入れてじゃがいもがかぶるくらいの水を入れ、やわらかくなるまで茹でる。やわらかくなったらゆで汁を捨てて、再び火にかけて水分を飛ばす。アツアツのうちにボウルに入れてつぶす。

nikujagacoro13.フライパンを熱してサラダ油をひき、牛肉、玉ねぎの順に加えて強火で炒める。肉の色が変わり始めたらaを加えてからめる。(写真右)
2のじゃがいもとよく混ぜてバットなどに広げて完全に冷ます。

4.冷めたら8等分にして、丸めてコロッケ形にする。ボウルにbを入れてよく混ぜ合わせる。薄力粉、パン粉もそれぞれボウルかバットに入れる。コロッケにまず薄力粉をまぶして、次にbにくぐらせて最後にパン粉を押さえるようにしっかりまぶす。

5.フライパンに揚げ油を深さ1.5cmぐらい入れて中温に熱する。コロッケを2個ずつ、ときどき返しながら強めの中火で揚げる。きつね色になったら取り出す。

6.器にキャベツとコロッケを盛ってソースをかけて完成!


タネにしっかり味がついてるので、ソースをかけずに十分美味しかったです!この肉じゃがコロッケを丼ぶりでいただく【コロッケ丼】のレシピは、続きに〜
 ↓  ↓


yakumimaguro2009年6月23日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまる レシピ
 〜合わせ薬味〜

南麻布の日本名料理店「分とく山」の料理長が、伝授、紹介していた【合わせ薬味】。 大葉やミョウガ、カイワレ大根といった渋味や苦味などを合わせることで、旨みが倍増する【万能!合わせ薬味】 マグロのづけ丼にも、ぴったり!これは食がすすみます★★★


時間のない時にも、これはおすすめ!豪華で早くて、簡単!美味しい!!まぐろと薬味だけでも、お酒のおつまみに、これいいですねぇ〜( ̄ー ̄)ニヤリッ


【マグロのづけ丼】レシピ

<材料> 2人分yakumicut
  • ご飯・・・2膳
  • マグロ・・・200g
  • しょう油・・・100cc
  • みりん・・・50cc
  • 合わせ薬味・・・60g ⇒レシピはこちら
  • ワサビ・・・適量

    <作り方>
    maguroduke
  • 1.しょう油とみりんを合わせて漬け汁を作り、そこにマグロの切り身を10分漬ける

    2.器にご飯を盛り、その上に合わせ薬味を敷いて、マグロとワサビをのせて完成!

    火を使わないから、暑い夏にもとっても嬉しい丼ぶりメニュー。早くて!簡単で!美味しい(⌒〜⌒) 私は「ミョウガ」 主人は「大葉」の味を強く感じる!と、それぞれ違うようです。香り・味、そろぞれ楽しんでみて下さ〜い!

     


    090525_2213~01
    2009年5月22日(金)TBSテレビ
    はなまるマーケット
     とくまる レシピ
     【鶏チャーシュー】 を使って 【あぶり鶏チャーシュー丼】


    はなまるマーケット「とくまる レシピ」では、あぶり鶏チャーシューのつけ麺や炊き込みご飯を紹介していました。


    そこで、私は丼ぶりで鶏チャーシューをガッツリ食べたら、美味しいだろうなぁ〜と思って、丼ぶりにアレンジしてみました。


    はなまるの作り方では、鶏チャーシューをトースターで4分ほどあぶっていました。・・・が!!さっぱり焦げ目やあぶった感じがでなかったので、気の短い私(`・д・´)   フライパンで焦げ目をつけちゃいました(゚∀゚)アヒャヒャ


    ↑ほとんど、「鶏の照り焼き丼」のようでしたが、別の容器に移した煮汁で味付けは簡単!だったし、皮がパリっとして美味しかったです!★★★やっぱり鶏の皮は、カリッとパリッとの方が、うま味が増しますよねぇ


    今度は、「あぶり鶏チャーシューの炊き込みご飯」も美味しそうだったので、作った時には、レシピと一緒にアップしま〜す(*'-'*)






    ページのトップへ戻る
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    ブログランキング
    最新のコメント
    TagCloud