ケンミンショー

oboromiso-men.jpg2011年2月17日(木)
日本テレビ

秘密のケンミンSHOW!

愛知県民・名古屋市 
〜ヒミツの学園〜

【おぼろみそめん】



名古屋市に住む愛知県民の小学生は、地元の赤味噌や棒はんぺんを使った【おぼろみそ】をソフト麺と和える【おぼろみそめん】なる給食メニューが大人気!と紹介していました。


作り方も紹介していたので、【おぼろみそめん】を私も初体験!


手前味噌で作ったので(仙台の赤味噌を使用)、名古屋の赤味噌ほど赤くなかったです(^_^;)


「ソフト麺」もスパゲティのような、細うどんのような〜・・・はっきり分からないので、細めのうどんと和えてみました。


「味噌&うどん」のベストマッチは当たり前だったので、「スパゲティ」で作った方が、より近づけたかもしれませんね(^_-)-☆


本来の【おぼろみそめん】では、ありませんが、美味しかったです!


名古屋市民の懐かしい味【おぼろみそめん】の作り方は、詳細に書きました。(分量の詳細説明がなかった為、分量はアレンジですがご参考までに〜)

somenankake2009年9月10日(木)
日本テレビ

秘密のケンミンSHOW!

山形県民・ヒミツのごちそう
〜そうめんあんかけ〜

「そうめんの上にみたらし団子がのっている?」 ような味のコラボが山形県庄内地方には存在してる!と驚きのごちそうを紹介していました。


地元のお母さんが作るレシピは、まさに「みたらし団子の餡」と同じ。みのもんたさんは、「とろみが麺と絡まって うまい」 と絶賛!


【そうめんあんかけ】レシピ
  分量は詳細なく、私のオリジナルです
<材料>  1人分 

(みたらしの餡)
水…200ml
砂糖…大さじ4(甘さ控えめ)
しょう油…大さじ2
片栗粉…大さじ1(ゆるめです)

素麺…100g
ゆで卵…1個(薄くスライス)
ショウガ…小さじ1(すりおろし)

<作り方>

1.みたらし餡の材料をすべて鍋に入れて、よく混ぜながら透明になるまで煮るsomenankake1
※甘さ、とろみの固さは、お好みで

2.1を火からおろし、氷水などで冷ましておく

3.そうめんを茹でて冷水にとり、水気をきって器に盛りつける。ゆで卵をのせて2のあんかけをかけて完成!
(地元・映像ではそうめんが隠れるほど、甘いあんかけをたっぷりとかけてました)


「桜マスの餡かけ」の付け合わせに、そうめんが付いていたことがはじまりというので、私は懐石風にあんかけを少なめに盛り付けてみました。


ショウガが効いて予想よりも美味しかったです!!天津飯のように、お子さんたちが喜びそうな味ですねぇ★★★

somaohitasi
ちなみに、福島県相馬地方では、「おひたし」や「ナスの揚げ浸し」に 『マヨネーズ』 をかけて食べるそうです。


↑違和感なく、これは 「いけました!」


「納豆」「冷やし中華」「天ぷら」「カレー」「お刺身」にまでもマヨネーズをかけるなど、マヨネーズが欠かせない相馬のヒミツのごちそうでした


fry2009年8月6日(木)
日本テレビ

秘密のケンミンSHOW!

埼玉県民・ヒミツのごちそう
〜フライ〜

県北部に住む埼玉県民のフライは、揚げ物ではなく、鉄板で焼いた食べ物\(◎o◎)/ お好み焼きに似た作り方で、二つ折りにした手軽なおやつ。


最初に作った人がフライパンで焼いたことから「フライ」と名付けられたらしく、現在も行田市・熊谷市を中心に約50店ものお店でフライを出しているソウルフード


埼玉県民のヒミツのごちそう【フライ】レシピ
 ※分量は詳細なく、お好みで m(__)m

<材料>

小麦粉
だし汁

ねぎ・・・小口切り
豚肉・・・豚バラなど小間切れに

<作り方>fry1

1.フライパンに油を熱し、丸くタネ(半分)をのばし、ねぎと豚肉、卵をのせる

※お好み焼きの要領で材料を混ぜてからフライパンに広げると【ミックスフライ】

fry2

2.その上に残りのタネをのばし、押しながら焼く
※薄いほど美味とのこと!


fry3

3.ソース(または、しょう油)をかけて、半分に折りたたみ、さらにタレをかけて、紅ショウガ、青のりをトッピングして【フライ】の完成!



さらに、埼玉県行田市には、じゃがいもとおからを使った「ゼリーフライ」。北海道のがある。これも気になりますね〜


北海道のようかんをかけたパン(中にはカスタードクリームやホイップクリーム)「ようかんツイスト」「ようかんロール」なども、美味しそうでした!全国区に出回る日が来ることを祈りましょう★


aburafudon2009年7月16日(木)
日本テレビ

秘密のケンミンSHOW!

宮城県民のヒミツのごちそう
〜油麩丼(あぶらふ)〜

宮城県民(登米市)は、吸い物や鍋焼きうどんの脇役のお麩をなんと!ごはんの上にのせて主役としていただくとか!\(◎o◎)/焼麩や京料理で使われる生麩が一般的なところ、この油麩は植物油で1時間ほどかけて揚げてあるそうです。


以前にもはなまるマーケット・とくまるレシピで【油麩丼(あぶらふ)】を紹介していたので、やっぱり食べてみたい!と油麩(仙台麩)をゲットして作ってみました

【簡単!油麩丼】レシピ
ケンミンショー&はなまるのレシピをアレンジしてます

aburafu<材料> 2人分

油麩・・・1本

(ダシ汁))
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
だし・・・150cc

長ネギ・・・1/2本 (斜め切り)
しいたけ・・・1〜2個 (薄切り)
卵・・・2個

<作り方>

1.油麩を2cmくらいの輪切りにする

2.ダシ汁の調味料を合わせて、1の油麩をかるく戻しておく

3.丼ぶり用の鍋もしくは、フライパンに2のダシ汁と油麩、しいたけ、長ネギを入れて加熱する。

4.沸騰したら、溶き卵を流し入れてフタをする。卵が半熟ぐらいになったら完成!お好みで三つ葉や絹さや、紅ショウガをどうぞ


みのもんたさんの「これ、かつ丼だぁ」のコメントは、ちょっと大げさですが、やわらかくて、味がしみ込んで、じゅわ〜と美味しかったです(⌒〜⌒) 2cmの幅はちょうど良かったです!


ケンミンショーの放送でも地元の「コープ」で売られていましたが、私も最寄のコープで購入しました。残念ながら、お近くでない方はお取り寄せも可能です
【仙台麩(油麩)】お取り寄せはこちら


imabariyakitori2009年7月2日(木)
日テレ

秘密のケンミンSHOW
 県民のヒミツ
  【今治式焼き鳥】

「焼き鳥」なのに、「串に刺さってない焼き鳥」\(◎o◎)/・・・愛媛県今治地方では、串に刺さずに鉄板で焼くものを「焼きとり」というそうです。


焼き鳥を焼く時間を待てないという人のために、鉄板に押し付けて焼いたことが始まりだというので、フライ返しなどで押しつけて作ってみました。甘辛ダレで、皮もよく焼きで食べやすいです!!


【今治式焼き鳥】レシピ

<材料>

imabari1本場では、皮と鶏のせせり(首肉)
・・・私は、鶏もも肉を代用しました

(やきとりの甘辛ダレ)
しょうゆ  50cc 
みりん  50cc 
酒  大さじ1 
砂糖  大さじ1

<作り方>

1.鉄板(フライパン)に少量の油を熱して、鶏のせせりと皮を押しつけながらジュージューとひたすら焼く(中火)imabari2
imabari3






※4、5分は、お皿をのっけて、その後からフライ返しを使いました


2.やきとりの甘辛ダレの調味料を鍋にすべて入れて、弱火で2割くらいまで煮詰めます

3.鉄板(フライパン)から余分な油を取り除いて、2のタレをかけて混ぜ合わせて完成!
※青山にある愛媛料理「ほじゃけん」では、キャベツのざく切りを添えていました。愛媛県民は、キャベツに鶏肉をはさめて一緒に食べるようです


imabaridonテレビ「秘密のケンミンショー」放送では、皆が試食して、「丼ぶり」もおすすめ!という声が多かったので、【今治式焼き鳥丼】にも、アレンジしてみました★★★甘辛ダレが絶妙〜!


「たまごと一緒にトロっと、かけて食べても美味しいだろうね!!」という、森公美子さんのアイデアをもらって、温泉たまごをのせてみました、美味しかったで〜す(⌒〜⌒)


※温泉玉子には、 「土佐ジロー卵」 があったため使用しました。高知と愛媛県「四国」のコラボ丼ぶりです


tosajiroeggこの卵「土佐ジロー卵」は、高知県の四万十川のほとりで放し飼いされた水、餌など環境にこだわって育った鶏のたまごです。


S玉と小さいながらも、黄身はM玉と同じくらいあって、卵かけごはんなどに、とってもおすすめです!






ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud