まごわやさしい

magowaburg2009年9月22日(火)
テレビ朝日

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
〜家庭でできる!内臓を若返らせるプロジェクト〜

血管を若返らすには、「減塩」が良い!と、しょう油さしを「ミスト式」や「ラー油式」に変えて1度に出る量を減らすなどの方法を紹介していました。通常より半分の量に減ってました!驚きです\(◎o◎)/ 精神的にはどうなんでしょう???


「まごわやさしい」をベースに脂肪肝を予防・改善する内臓を若返らす、奥薗壽子先生の旬の鮭を使った【ハンバーグ】が気になったので、チャレンジです!魚を摂ることの少ない我が家には嬉しいレシピです★★★


奥薗流【ハンバーグ】レシピ

<材料>  4人分

エリンギ…2本
長ネギ…1/2本
生鮭…2切れ
塩…小さじ1/2
とろろ昆布…5g
木綿豆腐…1/2丁
生姜…1片
じゃがいも…1個
洗いゴマ…適宜(炒りゴマを代用)

ごま油…大さじ2

水菜…適宜
大根おろし…適宜
ポン酢醤油…適宜


<作り方> 

1.エリンギ、長ネギをみじん切りにする。

2.生鮭の身をスプーンを使ってこそげ取り、塩を振って包丁で混ぜ合わせる
※スプーンを使うことで簡単にすり身に!塩を振ることで粘り気が出て、他の具材と混ざりやすくなる

3.とろろ昆布をハサミを使って細かく切りほぐしボウルに入れる。豆腐を手で崩しながらとろろ昆布と混ぜ合わせる
※とろろ昆布が豆腐の水分を吸って水切りした状態になる

4.3のボウルに、1のエリンギと長ネギ、2の生鮭のすり身、生姜をすりおろし入れます。皮をむいた生のじゃがいももすりおろして加えます。
※じゃがいもをつなぎとして、具材を滑らかにうまくまとめる

5.4の具材を手でよく混ぜ合わせて、形を整える
(丸く厚さ2.5cm前後に見えました)

6.洗いゴマを表面につける
※表面がカリッと香ばしく焼きあがる

7.フライパンにゴマ油をひいて、6の両面を焼く。焼き色がついたら、蓋をして3分ほど蒸し焼きにする(おさえて弾力があればOK)

8.水菜を敷いた器に、ハンバーグを盛り付けて、お好みで大根おろしを添えてポン酢でどうぞ〜ゴマが香ばしく、あっさりとした和風のハンバーグレシピです!


「洗いごまとは、水洗いして乾燥させた、焙煎していないゴマのこと。見た目は「洗いごま」は粒が平べったく、「いりごま」は粒がプクッと膨れているから、よく見比べると区別がつくそうです


同日放送の奥薗壽子先生考案の
↓ ↓ ↓
まごわやさしい【炊き込みご飯】レシピはこちらです


okuzonotakikomi2009年9月22日(火)
テレビ朝日

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
〜家庭でできる!内臓を若返らせるプロジェクト〜

現役・工藤公康投手(46歳)の肝臓を若返らせた愛妻料理の献立を紹介していました。多くの食材を万遍なく使った献立「まごわやさしい」をベースに30食以上の食材を一食に食べているそうです!!すごい〜〜〜\(◎o◎)/


多くの食材を万遍なく使った献立 「まごわやさしい」 とは
 「ま」・・・豆類
 「ご」・・・ゴマ類
 「わ」・・・ワカメ・海藻類
 「や」・・・野菜類
 「さ」・・・魚介類
 「し」・・・椎茸・キノコ類
 「い」・・・イモ類


このキーワードを使って食事を作ってみるとバランスの良い食事ができるそうです。そこで、お馴染み奥薗壽子先生が、家庭でもバランス良く炊飯器1つだけで簡単に出来る「まごわやさしい」料理 【炊き込みご飯】を教えてくれました。


奥薗流【炊き込みご飯】レシピ

<材料>  4人分

水…2カップ強
米…2カップ

昆布…4枚(1X10cm) 「わ」

干しシイタケ…4枚 「し」
酒…大さじ2
醤油…大さじ2

里芋…4個 「い」
ちりめんじゃこ…40g 「さ」
油揚げ…1枚 「ま」

オクラ…10本 「や」
炒りゴマ(白)…大さじ2 「ご」
かぼす…お好みで

<作り方>

*下準備*
 米と水を合わせ30分浸しておく

1.昆布をハサミで細かく、干しシイタケを細切りにする。
※昆布を細かく切ることで、旨味が出やすくやわらかくなるのも早いので全部食べることが出来る

2.1に酒、しょう油を加えて浸し戻す
※干しシイタケに味がつく、また醤油にも干しシイタケの旨味が入る
↑  ↑  ↑
水で戻さずナマクラ流ズボラ派の真骨頂!


3.里芋の皮をむき、ひと口大に切る
※ご飯と炊き込むことで、もち米のようにモチモチに炊きあがる

4.油揚げを横半分に切ったら、細切りにする
※油揚げは大豆が原料。油分で脂質を補うokuzonotakikomi1

5.炊飯器に2、3、4の具材とちりめんじゃこを入れたら、ご飯を炊く
※ちりめんじゃこに含まれるカルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ることで、吸収率がアップする

6.オクラを輪切りにする(生のままのようでした)
※オクラを炊き込むと、歯応えも色も良くない上にビタミンC類も壊れるので炊きあがってから加える

7.ご飯が炊きあがったら、6のオクラを加え混ぜ合わせる。

8.最後にいりゴマを振りかけて完成!お好みでかぼすを絞って〜


オクラと里いもの粘り、とくに里いもがホク・トロッとした感じで美味しかったです(⌒〜⌒)  もう少し大きく切った方がおすすめです★★★反対に干しシイタケは、昆布と同様、もう少し小さく切ってもよかったかもしれません、ご参考までに〜






ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud