栗原はるみさんの【肉まん】レシピ

2013年11月10日

広告

ランキング参加中です
↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
レシピ 肉まん2013年11月10日(日)

〜肉まん〜

栗原はるみさんのレシピ本、『haru_mi 冬』2013年版の中から、【肉まん】を作ってみました。気になってたんですよねぇ〜♪


皮を発酵させている間に肉あんを作る、本格手作りの【肉まん】です。ひき肉ベースのやさしい味付け。かわいい大きさの【肉まん】で、栗原はるみさんも「ペロリと食べられる」とのことです。


実際に作ってみました!!

おもいきって、2倍の大きさで作ってみました。手作りならでは!ですよねぇ(^O^)/。 市販よりも生地がモチッ、ズシッとしてます。大きく作ったこともありますが、全体的に重量感のある【肉まん】が出来上がりました。


ラードが手に入らなくて、サラダ油代用で私は作ってみました。持つ手が少々油っぽくなりましたが、そんなことは気にならなくなるほど、うまい!!!肉だねからジュワーと旨味が出てきて感激ですーっ!そのままで十分においしい。


ちなみに、難しいヒダ寄せをしないところも気に入りました!! 黒ゴマをのせたら「あんまん」にも見える【肉まん】、あつあつの出来たてを食べられて幸せです〜(*^。^*)♪♪♪




続きはこちら

広告

栗原はるみ流【肉まん】レシピ

<材料> 作りやす分量(直径8cmくらいの8個)

(生地)
強力粉...100g
薄力粉...250g
砂糖...30g
ベーキングパウダー...小さじ2
...少々
ぬるま湯...1カップ
ドライイースト...小さじ1
ラード...15g

(肉あん)
豚ひき肉...200g
干し椎茸(少なめの水で戻す)...3枚
タマネギ...1/4個 (50g)
ゆでたけのこ...50g
ショウガ(みじん切り)...小さじ2
紹興酒...大さじ1
砂糖...大さじ1と1/2〜2
しょう油...大さじ2
オイスターソース...小さじ2
片栗粉...大さじ1
ごま油...大さじ1/2
塩・こしょう...各少々

(つけダレ)
和がらし・しょう油...各適宜


<作り方> 調理時間2時間ほどPT120M 写真:1/2量(大きめ2個)

*生地を作る*

1.30℃くらいのぬるま湯(1カップ)に、ドライイースト(小1)を振り入れ、溶かしておきます。


レシピ 肉まん2.ボウルに強力粉(100g)、薄力粉(250g)、砂糖(30g)、ベーキングパウダー(小さじ2)、塩(少々)をふるい入れ、1を少しずつ加えて混ぜ合わせます。 







3.粉っぽさがなくなったらラード(15g)を散らして混ぜ合わせます。
レシピ 肉まん 


(私は、サラダ油を加えてみました)




4.生地がまとまったら軽く強力粉で打ち粉(分量外)をふった台に取り出し、なめらかになるまで5分くらいこねます。

ムラが出来るので、表面がなめらかになるまで、こねるのがコツ!※


レシピ 肉まん5.表面が張るようにきれいに丸め、ボウルの内側にサラダ油(少々・分量外)を薄く塗って入れます。


ラップをふわっとかけ、温かいとろこに1時間くらいおいて発酵させます。 


※冬は暖房の近くやコタツの中、少し温めたオーブンの中などを利用するとよいです
(私は、こたつの中で1時間ほど発酵させました)


レシピ 肉まん6.生地が2倍くらいに膨らみ、指を差して穴が閉じなければ発酵完了。



こぶしでつぶしてガス抜きをします。 





レシピ 肉まん7.8等分して丸め、かたく絞ったぬれ布巾をかけ、10分ほどベンチタイムをとります。 


●本来は1/2量なので4等分します。




*肉あんを作る*
レシピ 肉まん8.水で戻して水気を絞り石づきを取った干し椎茸(3枚)、タマネギ1/4個 (50g)、ゆでたけのこ(50g)は、3〜4�o角に切ります。


ショウガはみじん切りにします(小2)。 





レシピ 肉まん9.ボウルに豚ひき肉(200g)、紹興酒(大1)、砂糖(大1と1/2〜2)、しょう油(大2)、オイスターソース(小2)を入れて混ぜ合わせ、8の具材を加えてさらによく混ぜ合わせます。


片栗粉(大1)を加えて混ぜ、ごま油(大1/2)、塩・こしょう(各少々)を加えて8等分にして丸めておきます。 



*成形し、蒸す*
10.クッキングペーパーは8cm角くらいに切り、8枚用意します。


レシピ 肉まん11.7の生地のきれいな面を下にして手で軽くおさえてから、めん棒で直径12�pくらいに伸ばします。 








レシピ 肉まん12.生地の真ん中に9の肉あんをのせ、生地の縁をつまんでひだをとるようにして包み、最後はしっかり閉じます。 



※閉じ目を下にして、台の上で回したり手のひらで転がすなどして、丸く形を整える




レシピ 肉まん13.せいろに10のクッキングペーパーを敷いて、12をならべて蓋をして約15分強火で蒸して、【肉まん】の出来上がり。

お好みで和がらし、しょう油(各適宜)をつけてどうぞ。 
 
 

(私は、つけダレを省略。)



レシピ 肉まん

●写真右:顔が隠れるくらい大っきい【肉まん】に仕上げました!手作りならでは、食べ応え十分。今日のランチでした(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


●栗原はるみさんのレシピ本を参考にして、自分なりに作ってみました。



cookcheck at 16:38│Comments(2) 【栗原はるみ】さんのレシピ 

広告

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ

この記事へのコメント

1. Posted by ようこ   2013年11月10日 22:59
うわぁ!! おうちで 肉まん!良いですねぇ…文面からも あふれる肉汁が想像出来て、羨ましい♪私は ぶきっちょだから 無理かなぁ…でも…食べてみたい!
2. Posted by 三ツ星主婦   2013年11月11日 11:12
ようこさん
ふわっふわの出来たてが食べられて、手作りの肉まん、いいですよぉ!(^^)! 大きさも自由ですし(^_-)-☆
私もそう器用じゃないけど、この閉じ方なら大丈夫!閉じ目が底にくるので、それっぽい仕上がりになる…はず!あまり気負わずに、まず半量で作られてみては、どうでしょう♪ 5つ星ありがとうございます\(^o^)/ 嬉しいデス!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud