2012年08月




2012年8月21日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)


〜夏バテと疲労対策〜

疲労を回復させることが医学的に証明された物質、タンパク質の一種『イミダペプチド』。ビタミンCと一緒に摂ることで、疲労を2倍早く解消できることが確認されてるそうです。


毎日、最低50gの鶏胸肉とビタミンCを1週間摂り続ければ、夏バテも解消できる可能性が高く、朝摂取することで、回復効果が高いということも分かっています。と、たけし・みんなの家庭の医学では放送していました。


そこで、おなじみ奥薗壽子先生が、脳が錆びない夏バテ解消朝ごはんレシピを紹介していました。それもたった5分で出来る!忙しい朝には超嬉しい朝ごはんレシピです!


今回紹介された1週間分のレシピ7品。どれも2種類のマリネ液に漬けた鶏胸肉を使います。奥薗壽子先生いわくマリネ液に漬け置きすることで、保存も効き、味が染み込み、より美味しくなりますと。


その中から、次に、【チキンとトマトのチーズトースト】を作ってみました。前もって漬けておいたマリネ液の梅醤油の鶏肉をこのレシピでは使います。


梅とミニトマトとの酸味で、少しサッパリとしたピザトーストです。夏バテ気味の方には、朝からでも食べられる感じかな〜? 我が家は仕事が午後からなので、遅い時間の朝食でバッチリ食べられました(*^^)v


奥薗壽子先生の【チキンとトマトのチーズトースト】レシピ

<材料>  2人分

鶏胸肉のマリネ(梅醤油)…100g
ミニトマト…1パック
ピーマン…1個
ピザ用チーズ…適宜
マヨネーズ…適宜
食パン…2枚


奥薗壽子先生の脳が錆びない夏バテ解消5分で出来る朝ごはんレシピ!【チキンとトマトのチーズトースト】 と【鶏胸肉のマリネ(梅醤油・わさび醤油)】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年8月21日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)


〜夏バテと疲労対策〜

疲労を回復させることが医学的に証明された物質、タンパク質の一種『イミダペプチド』。ビタミンCと一緒に摂ることで、疲労を2倍早く解消できることが確認されてるそうです。


毎日、最低50gの鶏胸肉とビタミンCを1週間摂り続ければ、夏バテも解消できる可能性が高く、朝摂取することで、回復効果が高いということも分かっています。と、たけし・みんなの家庭の医学では放送していました。


そこで、おなじみ奥薗壽子先生が、脳が錆びない夏バテ解消朝ごはんレシピを紹介していました。それもたった5分で出来る!忙しい朝には超嬉しい朝ごはんレシピです!


今回紹介された1週間分のレシピ7品。どれも2種類のマリネ液に漬けた鶏胸肉を使います。奥薗壽子先生いわくマリネ液に漬け置きすることで、保存も効き、味が染み込み、より美味しくなりますと。


その中から、まず早速、【チキンとゴーヤのサラダ】を作ってみました。前もって漬けておいたマリネ液のわさび醤油が効いてます。といってもゴーヤの独特の苦みはありますがね(^_^;) 


奥薗壽子先生の【チキンとゴーヤのサラダ】レシピ 

<材料>  2人分

鶏胸肉のマリネ(わさび醤油)...100g
ゴーヤ...1/2本(100g)
塩...少々
マヨネーズ...大さじ2


奥薗壽子先生の脳が錆びない夏バテ解消5分で出来る朝ごはんレシピ!【チキンとゴーヤのサラダ】 と【鶏胸肉のマリネ(梅醤油・わさび醤油)】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年8月19日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

〜いか〜

ウチゴハンでは、するめいかとワタを使った【イカのわたマヨソース炒め】を作ってました。パスタと絡めたり、グラタンの具材にも応用できます!と紹介もしていました。


マヨネーズの酸味としっかり炒めることで、ワタの臭みが抑えられて食べやすくなります!と。また、ワタが苦手な場合は、マヨネーズと塩だけでもOK!ということで、少しハードルが下がった感じ(*^_^*) 我が家でも作ってみました。


苦手な我が家は、ワタを半分に減量して味付けしてみました。それでも、色はマヨネーズ&しょう油の色では、ないですね(^_^;)


主人の反応は・・・イマイチ(-"-) 2/3量は、私が食べる結果となりました。我が家には、ワタをもっと少なく(1/3〜1/4とか)、隠し味程度に仕上げると良かったようです。


【イカのわたマヨソース炒め】レシピ


<材料> 4人分

スルメイカ...2杯
パプリカ...1/2個(ヘタ・種を除く)
オクラ...4本
赤唐辛子...1本(輪切り)
ニンニク...2片(薄切り)

サラダ油...大さじ1
しょうゆ...大さじ2
コショウ...少々

(わたマヨソース)
イカのワタ...2杯分
マヨネーズ...大さじ2
塩...小さじ1/2

※ワタが苦手な場合、マヨネーズと塩だけでもOKです!


【イカのわたマヨソース炒め】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年8月20日(月)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

〜チーズライスとサーモンのソテー〜

今回は、ごはんに具を混ぜるだけ!リゾットみたいな味わいの【チーズライス】と万能照り焼きソースを使った【サーモンのソテー】を栗原はるみさんが作って紹介していました。


炊飯器にチーズと野菜を入れて余熱で調理するだけ!のとってもお手軽なワンプレートです!!早速、早めのランチに作ってみました)^o^( 


チーズがとろけます!また、生のニンジンとピーマンもいい感じ!サーモンのソテーのタレも、焼き鳥やかば焼きにも使えるという万能照り焼きソースで、このレシピは使えそう♪ おいしかったです\(^o^)/


栗原はるみ流【チーズライスとサーモンのソテー】レシピ


<材料> 4人分

(チーズライス)
米...2カップ
マッシュルーム(スライス)...中1缶(100g)
玉ねぎ... 1/4個(50g)
ピーマン...2個
にんじん...50g
スープ...(湯 2カップ・顆粒コンソメ 小さじ2を合わせ冷ましたもの)
塩・こしょう...各少々
ピザ用チーズ...100g

(サーモンのソテー)
生鮭の切り身...2切れ
サラダ油...大さじ1〜2
塩・こしょう...各少々
しょうゆ...大さじ2
みりん...大さじ2
砂糖...小さじ2


栗原はるみ先生の【チーズライスとサーモンのソテー】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓





2012年8月17日(金)
TBSテレビ
はなまるマーケット

〜ベーコン料理選手権〜

はなまるマーケットでは、ベーコンを使った料理を競うベーコン料理選手権を放送していました。


その中でも、企業の社員食堂に勤めていたという主夫・則武直敏さんのレシピ【ベーコンと新ショウガの佃煮】が、薬丸さんの 『これ、おいしい!!』 のコメントも出て、みごと満点で優勝。


洋食のイメージの強いベーコンを和の佃煮にするアイデアが斬新ですよね!! 私もひと口食べて、はまりました!! うまいです(*^。^*)


甘辛く、新しょうがのピリリとした辛みが、ご飯にもお酒にも合うひと品で、常備菜になりそう♪ おすすめの冷たい緑茶をかけた【冷やし茶漬け】にしても食べました(写真右)。 


インスタントのお茶漬けのもとに慣れ親しんでいる私には、何か物足りない気がしましたが(^_^;)、なんせ 【ベーコンと新ショウガの佃煮】、気に入りました!


次回には、普通の生姜でも作ってみたいと思います。普通の生姜は、辛みが強いのかなぁ(・・?  そのあたりを気にしながら作ってみようと思います。


【ベーコンと新ショウガの佃煮】レシピ

<材料> 4人分

ベーコン...8枚(80g)
新ショウガ...200g(3個)

砂糖...大さじ3
酒...大さじ2
みりん...大さじ2
しょう油...大さじ2
酢...大さじ1
白ゴマ...小さじ1
カツオ節...少々


【ベーコンと新ショウガの佃煮】の作り方などは、続きに書きました。
  ↓   ↓





2012年8月14日(火)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子 先生

夏らしい、とうもろこしを使った【とうもろこしごはん】と合わせたおかず【豚肉の青じそ炒め】をキューピー3分クッキングでは、作って紹介していました。


【とうもろこしごはん】は、トウモロコシがほんのり甘くて美味しい(*^。^*) 夏ならでは!の炊き込みご飯ですね。


一緒に紹介の【豚肉の青じそ炒め】も、簡単であっという間に作れるおかずで助かりました!!(上写真:奥) 暑い夏に、青しその香りが少し爽快感をプラスしてくれるひと品でよかったです♪


【とうもろこしごはん】レシピ


<材料> 4人分

米...2合
酒...大さじ2
粗塩...小さじ1
だし昆布...5cm角
とうもろこし...1〜2本(正味 200g)


【とうもろこしごはん】の作り方は、詳細に書きました。



2012年8月14日(火)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子 先生


夏らしい、とうもろこしを使った【とうもろこしごはん】と合わせたおかず【豚肉の青じそ炒め】をキューピー3分クッキングでは、作って紹介していました。


【豚肉の青じそ炒め】は、とっても簡単!まぶした小麦粉のおかげで、たれがよく絡んでます。あっという間に作れて、嬉しいお助けレシピです♪


青しそがアクセントになって生姜焼きなどとは違う良さがありました。一緒に紹介していた【とうもろこしごはん】にも、よく合って食がすすみました! 


【豚肉の青じそ炒め】レシピ


<材料> 4人分

豚肉(切り落とし) ...300g
 粗塩・小麦粉...各少々
青じそ...20枚
しょうゆ...大さじ1+1/2
みりん...大さじ1+1/2
炒り白ごま...小さじ2
油...大さじ1


【豚肉の青じそ炒め】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年8月16日(木)
TBSテレビ
はなまるマーケット

〜奥田政行の魅力全開クッキング〜

はなまるマーケットでは、奥田政行シェフが登場。世界の要人・知識人が集まるタボス会議の食事会責任者をつとめ、今月には、ローマ法王に日本の食材を献上し、安全性をアピールするシェフとして選ばれているという、世界のVIPも絶賛する、すごいシェフらしいです!!


その奥田政行シェフが、みずみずしいキュウリと相性抜群!とスタジオで【ツナとキュウリのスパゲッティ】を生クッキングし紹介していました。冷製パスタのような涼やかな見た目で新鮮!実際は、皮を炒めて、パスタと和えるので、ほんのり温かいです。


みずみずしいキュウリには、反対にパサついたものを。とツナ缶をギュッと絞るところがポイント!また、千切りの皮のほかに中身も様々に切って口の中の当たり具合や噛む回数を増やすことで、美味しさが増すんだとか。


作って食べた感想は、「うまい!」というよりも、「なんだか、おいしいね〜」と食べ進むほど味わい深くなるような、素朴でシンプル、かつ斬新で、美味しいパスタレシピでした♪♪♪


今回、味つけがシンプルなので、パスタを茹でる際の塩は重要。なので、計って加えました。おかげで、後から味の調整は、いっさい不要でした。しかし、思っていた以上に2%の塩って多いですね。


奥田政行シェフ【ツナとキュウリのスパゲッティ】レシピ

<材料> 2人分

パスタ...160g
  塩...お湯の2%
キュウリ...2本
ツナ缶...160g
ニンニク...2片
赤トウガラシ...1/2本(小口切り)
イタリアンパセリ...1/2パック(みじん切り)
ショウガ...少々(千切り)

オリーブ油...40cc
エキストラバージンオリーブ油...大さじ1


【ツナとキュウリのスパゲッティ】の作り方などは、続きに書きました。
  ↓   ↓





2012年8月16日(木)


〜豚キムチ〜

先日、テレビ番組「教科書にのせたい!」で(7月31日放送)、日本一おいしい!を目指しているという足立区の給食を取り上げていました。


その足立区の給食のレシピが掲載された レシピ本『東京・足立区の給食室』 の中から、【豚キムチ丼】を我が家では作ってみました。 給食メニューの1つというから驚き\(◎o◎)/! 



暑い季節には、ニンニクやピリ辛な味付けの【豚キムチ丼】などは、スタミナがつきそうでいいですよねぇ(^_-)-☆  個人的には、温泉玉子をのせて、コチュジャンを減量し辛さを少しマイルドにする食べ方もおすすめです♪ 


【豚キムチ丼】レシピ

<材料> 2人分(416kcal)

豚こま切れ肉...120g
タマネギ...1/2個
ニラ...1/2束
白菜キムチ...100g
ごま油...少々
塩・コショウ...各少々
温かいご飯...茶碗2杯分
いりごま(白)...小さじ1

(A)
 しょう油・コチュジャン...各小さじ1/2
 砂糖...少々


足立区・給食の【豚キムチ丼】の作り方は、詳細に書きました。





2012年7月24日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット

〜夏のスタミナ丼〜

はなまるマーケットでは、暑さに負けず夏を乗り切りましょう!とスタミナのある丼ぶり料理を紹介していました。


中でも、サラリーマンや学生に大人気!という伝説の『すた丼屋』さんのスタミナ丼。略称して【すた丼】


家庭で作れるよう、簡単レシピを特別に伝授ということで、きゃぁ\(^o^)/ 我が家でも作ってみました。


味付けの「秘伝のニンニクしょう油ダレ」は、社内で3人しかレシピを知らないそうで、今回のレシピもあくまで家庭用ということです。


そのためか、超うまい!というほどでなかったなぁ(^_^;) つい、ニンニク控えめに作ってしまうんですよね・・・本来の味は、ちゃんとレシピ通り作る!もしくはお店で。ですね(^_-)-☆


伝説のすた丼屋・高田馬場店さん直伝【すた丼】レシピ

<材料> 2人分

長ネギ...1/2本
豚ばら肉(薄切り)...220g
 サラダ油...大さじ1
 酒...大さじ2
ご飯...丼2杯分
焼き海苔...適量

(合わせタレ)
酒...大さじ2
ニンニク(おろし)...1片
しょう油...大さじ2
カツオだしの素...小さじ1

(トッピング)
卵黄...2個
たくあん...適宜
(他にキムチ、チーズ、スライスしたタマネギ+食べるラー油など)


【すた丼】の作り方などは、続きに書きました。
 ↓   ↓




2012年8月13日(月)

〜ハンバーグ〜

8月13日(月)のスッキリ!!はるみキッチンでは、【冬瓜と鶏肉のスープ】を紹介していましたが、エスニック風ということで、ちょっと苦手(^_^;) 香菜やレモングラス、ライムなど買い揃えるのも大変そうなので残念(T_T)


そこで、栗原はるみさんのレシピ本、『ごちそうさまが、ききたくて。』 の中から、【ハンバーグ】 を作ってみました。


タマネギを炒めずにそのまま使うところが、楽ちんでいいです!粗めに切って、シャキシャキと食感を残します。タマネギ多めで、もう少し粗めみじん切りでもよいようでした。


レシピ本の掲載写真を見ると、形も適当。と言うと失礼ですが、少し不格好な形のハンバーグが、とっても美味しそうに見えます!!(写真右)  私も挑戦しましたが、逆に難しかったです(^_^;)


私はお肉の分量など半端な量で作って、肉だねのかたさもあいまいになりました(^_^;) そのためか、出来上がったハンバーグは、かためでしたがソースの味付けがいいし、小さめなので、火の通りも神経質にならずに良かったです(*^^)v 


お弁当やパンにサンドするのも、いいかも〜♪と思いました。


栗原はるみ流【ハンバーグ】レシピ


<材料> 8個

牛ひき肉...600g (私は、合びき肉)
タマネギ...大1個
卵...1個
パン粉・牛乳...各カップ1/4
塩・コショウ...各少々
サラダ油...大さじ1

(ソース)
赤ワイン...カップ1/4
ケチャップ...大さじ2
とんかつソース...大さじ2


栗原はるみ流【ハンバーグ】の作り方は、続きに書きました。
 ↓   ↓




ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud