2012年05月




2012年5月4日(金)
日テレ

ZIP!

速水もこみちのMOCO'Sキッチン


「育ち盛りの子供たちに、手作りでおいしいおやつを出してあげたい」と小2の息子さんをもつお母様からのリクエストに、速水もこみちさんが、【フレンチトースト】を作って紹介していました。


バニラアイスやストロベリーソース(私は、苺ジャム)で十分なトッピングなので、私はメープルシロップを省略しました。それでも、贅沢〜っ♪お友達のウチに遊びにいって、こんな豪華なおやつが出てきたら、もう毎日通っちゃうかも〜


卵液に20分くらいでも十分に染み込んでて、やわらか〜い(*^。^*) もう少しじっくり焼いたら、もっと表面カリッと仕上がったかな。アイスが溶けてきて、ちょっと慌てて食べる感じでしたが、美味しかったです(^^ゞ


速水もこみち流【フレンチトースト】レシピ

<材料> 1皿分

食パン(4枚切り)・・・2枚
バター・・・大さじ1

(A)
 卵・・・2個
 牛乳・・・140ml
 生クリーム・・・60ml(私は牛乳のみで)
 砂糖・・・大さじ2
 バニラエッセンス・・・少々

(トッピング)
いちご・・10粒
バニラアイス・・・適量
メープルシロップ・・・適量
くるみ(ロースト)・・・適量
ストロベリーソース・・・適量
粉糖・シナモンパウダー・・・各適量
ミント・・・適量


速水もこみちさんの【フレンチトースト】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓




2012年5月12日(土)


〜肉団子〜

料理研究家:栗原はるみさん


ご飯によく合って、お弁当のおかずにも重宝する【肉団子】。雑誌に栗原はるみさんのレシピが掲載されていました。


男のお子さんをもったお母さんらしいなぁ〜と思わせる大きめの肉団子が、ガッツリ系で美味しそう(*^。^*) 


作ってみたら、主人にやっぱり好評!主人好みに酢を減量してる、こともありますが、こういうシンプルで、分かりやすい定番のおかずに、間違いはありませんね〜(^_-)-☆ 


【ミートボールの甘酢あん】レシピ

<材料> 12個分

(ミートボール生地)
合びき肉...300g
タマネギ...1/4個(50g)
溶き卵・・・・1/2個
塩...小さじ1/4
コショウ...少々

(甘酢あん)
スープ...(顆粒鶏ガラスープ小さじ1を湯1/2カップで溶いたもの)
 (A)
 砂糖...大さじ4
 酢...大さじ4と1/2〜5
 しょう油...大さじ2

片栗粉・水...各大さじ1
揚げ油...適宜


栗原はるみさんの【ミートボールの甘酢あん】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月9日(水)
NHKテレビ
ためしてガッテン

〜信じられん!パセリを激ウマに変える30秒技〜


「パセリ」といったら、「添えもの」「トッピング」と思いきや、おいしい料理に大変身します!とNHKためしてガッテンでは、驚きのパセリ料理を3品紹介していました。


パセリって、苦いよね〜!? ガッテンの放送を見てたら、パセリの香りがよくて、苦味もない。と絶賛だったので、チャレンジ!


と思って、スーパー3軒回っても、パセリ3枝しか手に入りませんでした(汗)。スゴイぞ、ためしてガッテン!パセリが入手困難でテレビの影響力、絶大ですっ\(◎o◎)/!


3品とも少しずつですが、作ってみました。苦味、パセリのクセが最も少ないのは、【パセリの卵とじ】のようでした。 


【パセリみそ】も、ご飯にのせて、美味しい(*^。^*) 甘味が勝ってます。【パセリのおひたし】が、味付けがシンプルなだけに、主人にはウケがイマイチでした(^_^;)


【パセリのおひたし】レシピ

<材料> 4人分

パセリ...60g(6枝分)

しょうゆ...適量
いり白ごま...適量


簡単!【パセリのおひたし】の作り方、【パセリみそ】【パセリの卵とじ】のレシピは、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月10日(木)
NHKテレビ

あさイチ

あさイチごはん「解決!ゴハン」

ゲスト:SHIORIさん(フードコーディネーター)


あさイチごはんでは、お弁当や丼ぶりに重宝な【そぼろ丼】。「鶏そぼろがパサパサになっちゃう!」というお悩みを解決!


と、あさイチごはん初登場!レシピ本『作ってあげたい彼ごはん』などで大人気のSHIORIさんが、【しっとりそぼろ丼】を作って紹介していました。


ポイントは、冷たい煮汁に肉を入れて煮ること!味がしみこんで、しっとりと仕上がるそうです。10分も煮込んで、しっかり挽き肉に煮汁を染み込ませるそうです。


ちょうど材料が揃ってるので作ったら、想像以上に汁気が多くてビックリ\(◎o◎)/! 汁気がなかなか、なくならないし(T_T)   


断念・・・。鶏そぼろの汁気が、残った状態で盛り付けちゃいました(^_^;) 放送で絶賛だったSHIORIさんの鶏そぼろは、10分ほど煮込むので、もっと味の染み込んだ濃い茶色の仕上がりです。


食べてこれはいい!と思ったのが、ゴボウの炊き込みご飯!!ゴボウやおこげの風味が、鶏そぼろ&卵そぼろにマッチして、美味しいです(*^。^*) これは、おすすめ♪♪♪


盛り付けは、私のアレンジです(上写真)。SHIORIさんのイメージで、かわいらしく盛り付けてみました。


⇒SHIORIさんの最新レシピ本『SHIORIの花嫁レシピ』


【しっとりそぼろ丼】レシピ

<材料>  2人分

(鶏そぼろ)
鶏ももひき肉・・・200g
しょうが(みじん切り)・・・2かけ(20g)
水・・・200ミリリットル
 (A)
 しょうゆ、みりん、酒、砂糖・・・各大さじ2

(卵そぼろ)
卵・・・2コ
みりん・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ
サラダ油・・・少々

(ごぼうの炊き込みごはん)
米・・・2合
ごぼう・・・1本(100g)
 (B) 
 だし・・・360ミリリットル
 しょうゆ・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ1/2
 塩・・・小さじ1/2

(トッピング) 
絹さや・・・4枚(塩ゆでし刻む)
紅しょうが・・・適量


SHIORIさんの失敗なし!【しっとりそぼろ丼】の作り方を 続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月6日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

〜しらす〜

ウチゴハンで、旬のしらすを使って、【しらすとエビのレモン風味パスタ】を作って紹介してくれました。桝谷シェフのイタリアンレストラン「オステリアルッカ」さんの大人気メニューだそうです。


家庭で簡単でシンプルな作り方を。ということで、お店ではアンチョビを使用するところを『タラコ』で代用するという作りやすいレシピです。


と言いながら、私の場合はアンチョビがあるので、アンチョビで作りました。エビやしらすなどに、レモンの爽やかな香りや酸味が合って、あっさりとして食べやすいパスタでした。


タラコを使った方が、プチプチと全体にまぶされて、美味しいかも(*^。^*)  塩辛でもまた違った味わいを楽しめます!とのことです。


桝谷シェフの【しらすとエビのレモン風味パスタ】レシピ


<材料> 4人分

エビ(バナメイエビ)...300g
長ネギ(青い部分)...50g
タラコ...20g(放送:40g)※アンチョビなら20g
しらす...200g
ニンニク...2片(みじん切り)
レモン...2個 (絞り汁・輪切り)
ニンジンの葉...お好み(パセリ代用)

オリーブオイル...大さじ2
水...200ml
コンソメ(顆粒)...少々(放送:小さじ1)
バター...20g

スパゲッティ...400g
 水...3リットル
 塩...24g


イタリアンレストラン「オステリアルッカ」さんの【しらすとエビのレモン風味パスタ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月10日(木)


カロリーを抑えたバランスのよい食事でお馴染みのタニタ食堂さんのサイトより【ひき肉とごぼうのどんぶり】をみつけたので作ってみました。


見たまま、そのまんまの甘辛い味付けで、ご飯がすすみます(*^。^*) ゴボウが入ってるところが、タニタさんらしいところでしょう。しらたきも、カサ増し効果かな♪


2人分で卵が1個。ウチの卵はMS玉で小さめ卵なので、2個使いました。それでも、卵はどこ?って仕上がりになってますよね(^_^;) ちなみに、我が家には甘めかと砂糖はレシピよりも少し減量しました。


タニタ社員食堂さんの【ひき肉とごぼうのどんぶり】レシピ

<材料> 2人分(1人分524kcal) 

ごぼう...60g  
合びき肉...120g
にんじん...40g
しらたき...60g
卵...1個
三つ葉...10g
ご飯...300g

(A)
だし汁...80cc
砂糖...小さじ4
酒...大さじ1/2
しょうゆ...大さじ1強


タニタさんの【ひき肉とごぼうのどんぶり】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月9日(水)


〜メンチカツ〜

料理研究家:枝元なほみさん


ご飯によく合うおかずの『メンチカツ』に、ごぼうの入った【ゴボウのメンチカツ】のレシピです。 断面を見ても、一目瞭然!ゴボウが結構入るので、噛み応えのあるメンチカツに仕上がりました。


揚げ物でも「食物繊維」を摂ってるぞぉ〜と、罪悪感を帳消しするような思いで食べました(^^ゞ とは言え、揚げ物は揚げ物です(;一_一) 


1人2個のところ、主人と1個ずつ。控えた夕飯にしてみましたが、ごぼう&付け合わせのキャベツで、満足でした\(^o^)/


【ゴボウのメンチカツ】レシピ

<材料> 4人分

ゴボウ...2/3本(約150g)
 酒...小さじ1
 塩...少し
合びき肉...300g
 塩...小さじ1/2
 コショウ・ナツメグ...各少し
 卵...1個
 パン粉・・・・1/2カップ

(衣)
小麦粉・溶き卵・パン粉...各適量

揚げ油...適量
キャベツ...3枚(千切り)

(ソース)
中濃ソース...大さじ4
粒マスタード...大さじ1


枝元なほみさんの【ゴボウのメンチカツ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓




2012年5月6日(日)
TBSテレビ

噂の!東京マガジン

〜やってTRY!〜


噂の!東京マガジンでは、【天津飯】をやってトライ!していました。9人中1人も成功者がなく、思ったよりも難しかったようです。


今回、横浜中華街「四五六菜館」のオーナーシェフが、スタジオで教えてくれた【天津飯】は、片面だけを焼いて、ふわっふわに卵をやわらかく仕上げる作り方でした。


卵が固くなくて私好み〜(*^。^*) レシピと違って、我が家では、卵は1人分を2個で作りました。枝豆はグリンピースを代用。カニは、かにカマを使ってます。


しらすを加えるところもポイントのレシピでしたが、塩っ気、うま味(・・? は、残念ながら、分かりませんでしたが(^_^;) ふわとろの卵とあんかけが、ご飯に絡まって美味しかったです〜(^O^)/



横浜中華街「四五六菜館」さんの【天津飯】レシピ


<材料> (放送見たかぎりでは1人分。HP無記入)

卵...3個
塩...少々

(中身の具)
しらす...30g
カニ...40g(茹でる)
枝豆...適量(茹でる)
きくらげ...適量(もどす)
小ねぎ...適量(小口切り)

(甘酢たれ)(この分量で2人分足りました)
鶏ガラスープ...200�t
オイスターソース...小さじ1(HP:大さじ1.5)
塩...少々
酢...大さじ1.5
砂糖...大さじ1.5(HP:20g)
水溶き片栗粉...適量

サラダ油...大さじ1.5


【天津飯】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓




2012年5月2日(水)
TBSテレビ
はなまるマーケット

〜殿堂入りブロガーレシピ〜

はなまるマーケットでは、殿堂入り料理ブロガー「みきママ」さんと「かな姐」さんの人気No.1レシピを紹介していました。


その中でも、常識破りの食材コラボで人気のかな姐さんの【ポークソテー】が、気になって作ってみました。こんなにも\(◎o◎)/!と驚くほどの量の『パセリ』をソースに使います。


1度にこんなにパセリを食することは初めて!炒めたら、ボリュームがダウンして、ちょうどいい感じでした。ニンニクも効いて、パセリ臭さがなくて、美味しい(*^。^*) 


【パセリポーク】レシピ

<材料>  4人分

豚ロース肉(とんかつ用)...4枚
 小麦粉...適量
 塩・コショウ...各適量

パセリ...1束(40g前後)
ニンニク...1片
バター...20g
しょう油...大さじ1と1/2


かな姐さんのポークソテー【パセリポーク】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓




2012年5月2日(水)
TBSテレビ
はなまるマーケット

〜殿堂入りブロガーレシピ〜

はなまるマーケットでは、殿堂入り料理ブロガー「みきママ」さんと「かな姐」さんの人気No.1レシピを紹介していました。


その中でも、みきママさんの【豚丼のタネ】は、アレンジが効くところが、私も気に入りました♪


【豚丼】【韓国風スタミナ炒め】、どちらも美味しかったので、今度は【豚丼のタネ】を使ったアレンジレシピ【ポークシチュー】を作りました。


豚肉で、かつ簡単ながらも「深い味わいになる」とみきママさん。具材を薄切りするから、時間短縮で助かりました。少し甘めで塩辛い【ポークシチュー】で、ご飯に合う仕上がりで美味しかったです(*^。^*)


【豚丼のタネ】を使った、みきママさんアレンジレシピ
【ポークシチュー】レシピ

<材料>  4人分

豚丼のタネ...200g
ジャガイモ...2個(5mm厚さ切り)
ニンジン...1本(5mm厚さ切り)
ビーフシチューのルゥ...1箱
水...900cc
 (私は2人分をルゥ、水、1/3量で足りました)


みきママさんの【ポークシチュー】の作り方や【豚丼のタネ】のレシピは、続きに書きました。
  ↓   ↓





2012年4月24日(火)
NHKテレビ

あさイチ

あさイチ解決!ゴハン

ゲスト:小林まさみさん(料理研究家)


あさイチごはんでは、パスタの大人気メニュー【カルボナーラ】を紹介していました。 【温玉カルボナーラ】という名前から、温泉卵がパスタの上にトッピングされている?!と思いきや、のってませんっ。ソースに使うというレシピ。


温泉卵を使うことで卵がダマにならずに、生クリームも使わないので、カロリー控えめ!と嬉しい作り方でした。


温泉卵を使って、反対に粒々が残らないの(・・? と疑問に思い作ってみましたが、予想に反して、大丈夫! 食べてて温泉卵の跡形もありませんでした。


通常のカルボナーラより、少し【温玉カルボナーラ】の方が、あっさりとして、軽めかなぁと感じました。チーズをすりおろしたら、もっと風味、美味しさが増しましたね(^_-)-☆


【温玉カルボナーラ】レシピ

<材料>  2人分

スパゲッティ(1.6mm)・・・120g
塩...小さじ2 ※水1リットルで(10g)が目安

粗びきソーセージ・・・4本
しめじ・・・1パック

(A) 
 バター・・・大さじ2
 にんにく(すりおろす)・・・少々
 塩・・・小さじ1/4
 温泉卵(市販)・・・2コ
 パルミジャーノレッジャーノ(すりおろす)・・・20g ※すりおろすことで美味しさ倍増します

(トッピング) 
 黒こしょう(粗びき)・・・適量
 パルミジャーノレッジャーノ(すりおろす)・・・適量


【温玉カルボナーラ】の作り方を 続きに書きました。
  ↓   ↓




ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud