2009年11月

torikarayakumi2009年11月11日(水)
NHKきょうの料理プラス

料理研究家:渡辺あきこさん

やや大きめの鶏のから揚げをしょうがやネギの効いた「薬味ソース」をかけていただくレシピです。時間のない時は、お惣菜を買ってきて、薬味ソースをかけるだけでも『豪華なメインディッシュ』としてご飯がすすむひと品に・・・


【鶏のから揚げ 薬味ソースがけ】レシピ  
 
<材料> 2人分

鶏もも肉…1枚(約240g)

【A】
しょうゆ…小さじ2
酒…小さじ1
八角…1/2コ

【B】
小麦粉…大さじ2
かたくり粉…大さじ1

(薬味ソース)
ねぎ…大さじ2(みじん切り)
しょうが…小さじ1(みじん切り)
しょうゆ…大さじ1
酢・酒・砂糖・ごま油…各小さじ1

香菜…お好みで
(塩・こしょう・揚げ油)


<作り方>
●ねぎ、しょうがをみじん切りする
 
1.鶏肉は3cm角に切り、塩・こしょう(各少々)をもみ込み、Aをまぶし、8分間ほどおく。torikarayakumi1
※「こしょう(多め)」や「にんにく」を八角の代わりとしてもよいとのことです

2.Bと薬味ソースは、それぞれ混ぜ合わせておく。(写真右:薬味ソースです)

3.1の鶏肉の汁けをきって、Bをまぶす。揚げ油を約170℃に熱し、この鶏肉を入れて約4分間、香ばしくカリッと揚げる。
※衣は、「小麦粉」と「片栗粉」を混ぜることで、「カラッ」と揚がる!

4.器に3を盛り、熱いうちに2の薬味ソースをかける。好みで香菜を添える。

 
間違いなく美味しい味です!「にんにく」が薬味ソースに入ってないので、食後の口臭もそんなに気にせずに食べられるのも嬉しいひと品です★★★八角を使わずこしょうを多めにしてみました。
 


 

 


tacorice2009年11月17日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット 
はなまるカフェ

幼少のころから、料理のお手伝いなどをしていたというゲストの山本裕典さんが、はなまるのスタジオで【特製タコライス】を生クッキングし披露していました。調味料などは目分量で入れるほど作り慣れた、山本裕典さんオリジナルのタコライスレシピだそうです。


【山本裕典さん特製タコライス】レシピ
   分量は詳細なく、私のオリジナルです
<材料>  2人分 

合いびき肉…200g

ニンジン…50g(細め1/2本くらい)
ピーマン…1〜2個
タマネギ…1/4個 

(調味料)
ホールトマト…3〜4個くらい(1/2缶)
ケチャップ…大さじ2
豆板醤…小さじ1
コチュジャン…小さじ1
鷹の爪…少々
 (輪切りだったみたい?私は粉末を小さじ1/2くらい)

卵…2個
レタス…6〜8枚
ピザ用チーズ…適量

あたたかいご飯…適量

<作り方>
●ホールトマトは、形がなくなるくらいまで潰しておく

1.ニンジン・ピーマン・タマネギをみじん切りにする。

2.フライパンに油を熱し、合びき肉とみじん切りにした野菜を炒める。
 
3.調味料のホールトマト・ケチャップ・豆板醤・コチュジャン・鷹の爪を加えて煮込む。

4.別フライパンで、半熟の目玉焼きを作る
※「ほぼ生」にちかいくらいの目玉焼きをつぶしながら食べるのが、山本裕典さんはおすすめのようでした
 
5.ご飯を盛り、周りにレタスをならべて、3の煮込んだソースをご飯の上にかけて、最後にチーズ・目玉焼きをのせて完成!


レタスは食べやすく細切りしたものもトッピングしてみました。混ぜることでご飯やソースの熱でチーズが溶けて、より美味しかったです(⌒〜⌒) 本当のタコライスを食べたことが無くって、味の基準が分からない者が作ってますが…個人的にはもっともっと辛い方が好きです。

 

 


cheesenabe2009年11月9日(月)
NHKきょうの料理

講師:枝元 なほみ

〜白菜〜

トマト鍋やカレー鍋などいろんなテイストが楽しめる「鍋」料理を今回、枝元なほみ先生は、豚肉のうまみがうつった白菜に、こってりチーズが絶妙にからむ、洋風の鍋レシピを紹介してくれました。


ぜひ、大きい土鍋でカマンベールチ−ズを1個丸ごと使って、とろーっととろけるチーズをからめながら食べるのがおすすめです★★★上写真:1.5〜2人分ですのでチーズは半量です


●5LDK〜恋めし〜眞鍋かをりさん&優木まおみさんの 【特製!!トマト鍋&はなまる・オムライス風リゾット】レシピこちらです


【白菜と豚肉のチーズ鍋】レシピ

<材料> 4〜5人分  

(つくりやすい分量)
白菜…約1/2コ(1〜1.2kg)
豚もも肉(薄切り)…200g
ベーコン…80g

【A】
スープ…カップ4
(湯カップ4に固形チキンスープの素(洋風)2コを溶かしたもの)
塩…小さじ2/3

カマンベールチーズ…1コ(100g)
(塩・こしょう・黒こしょう<粗びき>)
 

<作り方>
 
1.豚肉に塩・こしょう(各少々)をふり、下味をつけておく。白菜は根元に切り込みを入れてしんを取り、鍋の深さに合わせて3〜4等分の長さに切る。【A】は合わせておく。cheesenabe1

2.鍋の外側から内側に向かって、白菜を敷き詰めるように並べていく。白菜の間に豚肉とベーコンを切らずに、まんべんなく差しはさんでいく
※白菜は、少しずつずらしながら並べていくほうがくずれにくい

3.【A】を注いでふたをして、強火にかける。沸騰したら弱火にして、20分間くらい、白菜が柔らかくなるまで煮る。

4.カマンベールチーズを8等分に切って真ん中に入れ、チーズが温まったら黒こしょう(適量)をふり、鍋ごと食卓へ出す。  cheesenabe2


ちなみに、鍋の 『しめ』 には、『パスタ』 を紹介していたので食べてみました。あっさりした塩味にチーズのコクがとーっても美味しいスープパスタでした!!しょう油を加えてもチーズとの相性が良いのでおすすめだそうです★★★

hakusaidon←白菜を使った丼ぶりレシピ【中華風白菜丼】も同日、放送していたので作ってみました。

白菜・しめじ・豚肉の材料3つだけの簡単レシピです。続きをご覧ください
 ↓ ↓

 

 


kinokoansoba2009年11月2日(月)
日テレ
おもいッきりDON!
〜昼得ファイル〜

家庭で本格中華の味を!ということで中華の3名店が、絶品「焼きそば」のレシピを紹介してくれました。私が最後に作ることとなった「トゥーランドット游仙境」さん(赤坂・横浜)の焼きそばは、旬のきのことあさりのうま味が、たっぷりの【あんかけ焼きそば】です。


【旬のキノコのあんかけ焼きそば】レシピ

<材料>  1人分

麺(焼きそば用・蒸し麺)…1袋

椎茸…30g
エリンギ…30g
しめじ…20g
マッシュルーム…20g(舞茸を代用しました)
※キノコは2種類くらいでもOK

白菜…50g
ニンジン…10g
春菊…40g(カブの葉を代用してます)
あさり(殻付き)…50g

しょう油…小さじ1
ゴマ油…小さじ1

酒…大さじ1
中華スープ…200ml※粉末タイプのものでもOK

塩、コショウ、砂糖…各少々

<作り方>kinokoansoba1

1.キノコ類は4等分くらいの薄切り、しめじは石づき取り除いてほぐす。春菊は長さの3〜4等分に、ほかの野菜は同じ細さの短冊切りにしておく

2.麺にしょう油、ゴマ油をまぶす。(麺がほぐれるくらいまで、私は袋ごと電子レンジで加熱してからにしました)
※このひと手間で、焼いた時に香ばしい香りがつく!

kinokoansoba23.よく熱したフライパンにサラダ油を引き、2の麺を入れ、フライパンの中で回しながら、 中火で両面に焼き目をつける。

4.ほぐさずに、かたまりのまま、一旦フライパンから取り出し、器に盛り付けておく

*あんかけ作り*
5.フライパンに再びサラダ油を引き、春菊以外の野菜とあさりをサッと強火で炒める。

6.お酒を回し入れ、スープを加えて強火で約1分煮込む。
※煮込むことで、あさりや野菜のうま味を煮汁に引き出す!

7.アサリの口が開いたら、塩、コショウ、砂糖で味を整え、春菊を加えてサッと煮る。

8.水溶き片栗粉でとろみをつけ、出来上がった「あん」を4の麺にかけて完成!


美味しいーーーっ!!材料の下準備などそろっていると、あんかけ焼きそばも手軽にできて、いいですねぇ★★★


●同日の名店レシピです。焼きそばのメニューが広がります!!
 ↓  ↓  ↓
【四川風ピリ辛!ソース焼きそば】⇒ 「四川飯店」さんのレシピ

【広東風!しょうゆ焼きそば】⇒ 「赤坂璃宮」さんのレシピ


pancake2009年11月14日(土)
日テレ

キューピー3分クッキング

門倉 多仁亜先生

パンケーキにりんごをのせて、さらにりんごのソース(ピューレ)と一緒に食べるりんご尽くしのフレッシュなおやつです。このパンケーキ、門倉先生の「お母さんの味」ということで、りんごのほかにバナナやレーズンが入っていたこともあるそうです。お洒落ですねぇ〜★★★


【りんごのパンケーキ りんごのピューレ添え】 スイーツレシピ

<材料>  8〜12枚分

(りんごのパンケーキ)
薄力粉…2カップ
ベーキングパウダー…小さじ2
砂糖…大さじ2
塩…ひとつまみ
卵2個+牛乳…260ml
バニラエッセンス…少々
溶かしバター…大さじ2

りんご(紅玉)…1個

(りんごのピューレ) 上写真:左手前
りんご(紅玉)…2個
砂糖…大さじ1〜3
レモン汁…少々
シナモンスティック…1本
 (シナモンパウダーを代用しました)

●油


<作り方>

*パンケーキを作る*
1.大きめのボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて混ぜ合わせ、真ん中にくぼみを作る。

2.計量カップに卵を割りほぐし、260mlになるまで牛乳を加えて、バニラエッセンス、溶かしバターを加えて混ぜる。

3.2の卵液を1のくぼみに入れ、泡立て器で真ん中から粉をくずしながらダマができないように混ぜ合わせる。ラップをかけて冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
※卵液は粉の中に少しずつ入れて、やさしく混ぜること。

4.りんご(1個)は、皮をむいて芯をとり除き、4〜6等分にして薄いいちょう切りにする。pancake2
 
5.フライパンを熱して油を薄くひき、3を玉じゃくし1杯分ずつ入れて円く薄く広げ、表面にりんごを広げてのせ、中火で焼く。

6.生地の表面に泡が出てきて破裂するようになったら、裏返してきつね色になるまで3分ほど焼く。残りも同様に焼く。

*りんごのピューレを作る*
7.りんご(2個)は、皮をむいて4つ割りにし、芯をとり除いてざく切りにする。

8.鍋に入れて水(少々)と砂糖、シナモンスティックを加え、ふたをして煮くずれるまで弱火で蒸し煮にする(10〜15分)。途中、りんごの水分が少なくて焦げそうなら水(少々)を足す。

9.りんごの味をみて、砂糖とレモン汁で好みの味にととのえる。
※砂糖は、大さじ1を加えて煮、味をみて加減します。

10.器にりんごのパンケーキを盛り、りんごのピューレを添える。

 
パンケーキ&りんごのピューレどちらも砂糖各大さじ1ずつの、あっさり甘さ控えめに私は作りました。 メイプルシロップも合いそうです!


paellajitan2009年11月11日(水)
TBSテレビ
時短生活ガイドSHOW

M-1グランプリ王者・NON STYLEの石田明さんが、ホットプレートを使って時間のかかる生米(なまごめ)から【パエリア】にも挑戦していました!有頭えびやイカ、アサリといったシーフードで見た目が豪華ですからパーティーメニューにピッタリのひと品です★★★


残念ながら、ホットプレートが無いので、時間的な部分が分かりませんが、イカの塩辛だけの味付けでも十分に美味しかったです(⌒〜⌒) 「塩辛」独特の味は無く、気がつかないほどでした!(安い「塩辛」ということもあるやもしれませんが)


【パエリア】ノンスタイル石田明さんの時短レシピ

<材料> 4〜5人分

米…3合

お湯…450cc
イカの塩辛…1袋(100g)

イカ(胴)…1杯
あさり…10個くらい
エビ(頭付き)…4匹
パプリカ(赤)…1/2個

ニンニク…2片

レモン…1個
パセリ…適量


<作り方>

1.イカは内蔵を取り除き、酢に1分漬けておく。

2.耐熱容器に、生米とニンニクのすりおろしを入れて、軽く混ぜラップをし、電子レンジで1分半(800W)加熱する。
※電子レンジで加熱することで、炊く時間を大幅に短縮する

3.ホットプレートでお湯450ccを湧かす。(200℃10分)

4.3のホットプレートに、イカの塩辛を入れる。paellajitan1
※簡単にパエリアの味付けができる時短テク!⇒味付けはイカの塩辛だけでOK!

5.1のイカの皮を剥き1cmくらいの輪切りにする。パプリカを縦に細切りする
※簡単にパプリカの種を取る時短テク!⇒パプリカを上下から潰すように手で押し出せば、種がキレイに飛びだす。
※あっという間にイカの皮を剥く時短テク⇒イカを酢に漬けておけば、身と皮が手で簡単に剥けるようになる。

6.2の加熱したお米をホットプレートに広げて入れる。その上に、 5のイカ、パプリカ、アサリ、エビをのせてフタをして炊く。paellajitan2(10分くらいで水分が無くなる。)

7.レモンとパセリを飾り付けて完成!
※簡単にレモンを絞る時短テク⇒レモンは斜めにくし切りにすれば、たくさん絞り出せる。


今回フライパンで私は作りましたが、水加減・火加減が上手くできずに、お米の芯が無くなるまで、結構な時間がかかりました。次回に挑戦し成功した時には、フライパンでの作り方を書きたいと思います。


3minebitiri2009年11月10日(火)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子先生

卵を加えてマイルドな味わいになるえびチリは、少しボリュームもアップするので、お気に入りです。今までオリジナルで作っていたので、今回、小川先生のレシピでしっかりマスターしたいと思います


【卵入りえびチリ】レシピ

<材料>  4人分

えび…500g
 (粗塩、こしょう各少々 酒小さじ1 片栗粉小さじ2)
にんにく…1かけ
しょうが…1かけ
長ねぎ…1/2本

豆板醤…小さじ1〜2 ※お好みで

(合わせ調味料)
鶏ガラスープの素…小さじ1
湯…1カップ
酒…大さじ1
トマトケチャップ…大さじ2
しょうゆ…小さじ1
砂糖…小さじ2

片栗粉…小さじ2(倍量の水で溶く)
卵…4個
ごま油…小さじ1
●塩、油

<作り方>

1.えびは殻をむいて背ワタをとり、塩水の中で洗い、水気をしっかりとふきとる。
 
2.にんにく、しょうが、長ねぎはみじん切りにする。

3.合わせ調味料を混ぜておく。片栗粉を水で溶く。卵はざっと溶きほぐしておく。
 
4.1のえびに粗塩、こしょう、酒をふってもみ込み、片栗粉をまぶす。

5.フライパンに油大さじ2を熱し、えびを入れて中火で両面をさっと焼き、とり出す。フライパンの油をあけ、にんにく、しょうがを炒め、香りが立ったら豆板醤を加えて炒め、合わせ調味料を入れて煮立てる。

6.5にえびを戻し入れ、水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけ、長ねぎのみじん切りを加える。溶き卵を加えて大きく混ぜ、半熟に火が通ったらごま油を加えてひと混ぜして完成!
※ えびはかたくなるので、長く煮ないこと。


半熟のつもりでも余熱でかなり火が通ってしまいます。卵の扱いは難しく、なかなかマスターできませんねぇ…


creamapajitan2009年11月11日(水)
TBSテレビ
時短生活ガイドSHOW

M-1グランプリ王者・NON STYLEの石田明さんが、豪華パーティーメニュー4品(20分)にチャレンジしていました。チキンナゲットには「豆腐」を加えてヘルシーに。クリームスパゲティには、「コーンスープの素」を加える驚きの時短ワザがたくさんです!


おなじみ食後のデザート「おから」を使った【ヘルシーなケーキ】も電子レンジで3分!美味しかったです
●【ヘルシーなケーキ】⇒レシピはこちらです


【チキンナゲット】時短レシピ

<材料> 約5〜6個nuggetjitan

鶏ササミ…2本分
豆腐(木綿)…50g
小麦粉…大さじ2
マヨネーズ…大さじ2
粉チーズ…適量
塩、こしょう…少々

サニーレタス…2〜3枚
ミニトマト…4個

<作り方>

1.ササミの筋をフォークで取る。
※簡単にササミの筋を取る時短テク!⇒フォークでササミを押さえて筋を引っ張れば、簡単に取れる。

2.ササミをフォークでミンチにする。
 
3.ポリ袋に2のササミ、豆腐、小麦粉、マヨネーズ、粉チーズを入れて混ぜ合わせる。
※チキンナゲットに早く火を通す時短テク!⇒豆腐を入れることで早く火が通り、なお且つヘルシーになる。nuggetjitan1

4.茶こしを振って俵型に成形して、フライパンで焼く。サニーレタス、ミニトマトを飾って器に盛り付けて完成!
※チキンナゲットを簡単に形成できる時短テク!⇒ポリ袋で混ぜ合わせ、茶こしで形成する事で、手を汚さず簡単に形成できる。nuggetjitan2
 ↑  ↑  ↑
茶こしを振って俵型に成形は、とても役に立ちました!左右のほか前後などにも振ると、ひび割れがなくキレイに成形できますよ★★★


「マヨネーズが揚げる手間を省く!」 ということでしたが、上写真の通り仕上がりが 「つくね」 のようでした。少し多めの油で焼き揚げると全体に焦げ目がついて良かったようです。 nugget


←【鶏ひきナゲット】NHKきょうの料理⇒レシピはこちらです


牛乳で茹でて、味付けは『コーンスープの素』という驚きのレシピ【クリームスパゲティ】は、続きに書きました
 ↓  ↓


zakkoku2009年11月9日(月)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまるレシピ
〜雑穀〜

雑穀にはビタミンやミネラル、マグネシウムに食物繊維と、精白された白米に比べて栄養素が大変多く含まれていて、最近は健康志向の高まりから、雑穀ご飯をサービスするお店が増えているそうです。ということで
 ↓  ↓  ↓
【雑穀ご飯をおいしく炊く方法】レシピ

<材料>
 
米・・・2合
雑穀ミックス・・・1袋(30g)
水・・・360cc
塩・・・ひとつまみ
ショウガ・・・1/2片
サラダ油・・・小さじ1

<作り方>

zakkoku21.米を洗い、水(360cc)を入れ米を通常炊く準備をする。
 
2.雑穀ミックス、水を入れ軽く混ぜ、塩、スライスしたショウガ、 油を加えて通常通り炊く。
※洗わなくていい雑穀はが多いので、商品のパッケージの説明を確認してください。
※水の分量は商品の表示を確認してください。


いつもよりショウガが少し効いていて、お肉料理などにはピッタリのスッキリとした雑穀ご飯でした。( 【イタリアンチキン南蛮】 とワンプレートにしてみました)


 10月に発売のレシピ本 『枝元なほみの料理がピッとうまくなる』 などでお馴染みの料理研究家の枝元なほみさんが、雑穀ご飯のアレンジレシピを紹介してくれました。
【雑穀ご飯のアサリリゾット】の<作り方>は、続きに書きました
 ↓  ↓


speedgratin2009年11月10日(火)
NHKきょうの料理

講師:小田真規子

〜白菜〜

寒い日にはとろ〜り温かいカレーやシチューが食べたくなりますね。白菜と鶏肉のグラタンはいかがでしょう・・・このグラタンは、オーブンの中でホワイトソースも出来上がる、嬉しいスピードメニューのひと品でした★★★淡白な白菜にほんのり 「カレー味」 というところも良かったです!


【白菜と鶏肉のスピードグラタン】レシピ

<材料> 2人分

白菜…約1/4コ(500〜600g)
サラダ油…大さじ1

鶏もも肉…1枚(250g)
小麦粉…大さじ2

(ソース)
小麦粉…大さじ3
カレー粉…小さじ2
塩…小さじ1
にんにく…1片分(すりおろし)
牛乳…1カップ

ピザ用チーズ…80g
塩・こしょう…少々


<作り方>
●鶏もも肉は、余分な脂を除いて2cm角に切る

1.白菜を軸をつけたまま縦に2等分に切る。

speedgratin12.フライパンにサラダ油を熱して、1の白菜を両面を2〜3分ずつ焼く
※焼きつけると白菜が香ばしく、シャキシャキ感が残る

3.耐熱容器の中に、2の白菜を移し、塩をふる(右写真:1人分)

4.鶏もも肉に塩・こしょうで下味をつけたら、小麦粉をまぶす
※小麦粉をまぶすことで、うま味を逃がさず、ソースのとろみにも

5.3の白菜の上に4の鶏もも肉をのせる

6.ボウルにソースの調味料の小麦粉、カレー粉、塩、にんにくを入れて混ぜ合わせる。牛乳を2,3回に分けて加え入れよく混ぜ合わせる
※牛乳を分け入れることで、ダマになりにくい

7.5の器に6のソースをかけて、ピザ用チーズをのせて、200℃のオーブンで20分間焼く
※小麦粉と牛乳をまぜたものをかけて、焼くだけでグラタンになるスピードわざ!


ソースは、簡単でとってもおすすめですが、「食べるときに切って下さい」という、丸ごとの白菜はちょっと面倒、食べづらかったですので、適当な大きさに切ってから耐熱皿へ入れた方が、取り分けるにも食べるにも良かったですね。


●同日放送のマーボー豆腐を白菜でアレンジしたひと品
【白菜の鶏マーボー】⇒レシピはこちらです


harumi'saba2009年11月12日(木)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン


家庭料理の定番メニュー「さばのみそ煮」を栗原はるみさんが紹介してくれました。煮込むのが面倒だと思われがちな、さばのみそ煮ですが、栗原流はたった10分で出来ちゃいます!!


ポイントは、サバを小さく切ることで煮込み時間を短く、味噌の風味もとばず良いこと尽くしです★★★その上、【サバの味噌煮】をなんとガーリックトーストにものせちゃいます!



【さばのみそ煮】
栗原はるみさんのレシピ

<材料>  4人分


さば(3枚おろし)・・・小2匹分
しょうが・・・小2片


(合わせ調味料)

酒・・・1/2カップ
みそ・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ3
みりん・・・大さじ3〜4
しょうゆ・・・大さじ4
水・・・1/2カップ



<作り方>


1.しょうがの皮をむき、薄切りにする


2.さばを4〜5等分のそぎ切りにする
※サバは小さめに切る。そうすると、短時間煮込むだけで味が染み込む。



*合わせ調味料を作る*

3.ボウルに合わせ調味料の材料をすべて入れ混ぜ合わせておく
※栗原流は煮込み時間が短く、みその風味がとばないので、最初にみそも入れた合わせ調味料を作る


4.鍋に3の合わせ調味料を入れて加熱する。合わせ調味料が煮立ったら小さく切ったさばを入れる。アクが出てきたら丁寧に取り除き、しょうがを散らし、さば全体に汁をかける(右写真:1人分)harumi'saba2


5.落としぶたをして中火で約10分煮込めば完成!







【ガーリックトースト】
の作り方


1.バケットを約3cmの厚さに斜め切りにする


2.バターは室温でやわらかくし、にんにくのすりおろしを少々加える


3.切ったバケットに2のガーリックバターをぬり、オーブントースターで焼けば完成!harumi'saba3



食パンで作りましたが、意外!パンにも【さばの味噌煮】が合って驚きです!!!





ページのトップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログランキング
最新のコメント
TagCloud